Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル日本脳炎ワクチンの不活化試験法に関する研究 : 組織培養細胞を使用した生残ウイルス否定試験法
タイトルヨミニホンノウエン ワクチン ノ フカツカ シケン ホウ ニ カンスル ケンキュウ : ソシキ バイヨウ サイボウ オ シヨウ シタ セイザン ウイルス ヒテイ シケンホウ
タイトル別表記Studies on the Inactivation Test of Japanese Encephalitis Vaccine : Proposal of a New Method Using Tissue Culture Cells
作成者管野, 正義
吉井, 善作
小林, 進
山本, 繁夫
山下, 貢司
常久, 芳直
松山, 繁夫
作成者ヨミカンノ, マサヨシ
ヨシイ, ゼンサク
コバヤシ, ススム
ヤマモト, シゲオ
ヤマシタ, コウシ
ツネヒサ, ヨシナオ
マツヤマ, シゲオ
作成者別表記Kanno, Masayoshi
Yoshii, Zensaku
Kobayashi, Susumu
Yamamoto, Shigeo
Yamashita, Koshi
Tsunehisa, Yoshinao
Matsuyama, Shigeo
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)An improved method for the inactivation test of Japanese encephalitis vaccine is proposed. The principle lies in the detection of residual viruses by inoculating large amount of test samples into the tissue culture cells. The process consists of 3 parts. 1) The introduction of primary cell cultures of hamster kidney. 2) Removal of cytotoxic substances -formalin and thimerosal- from test samples by thorough dialysis. 3) Long period (4 weeks) observations of the primary inoculation bottles and two parallel passages for the appearance of cytopathic effects. The results covered the recovery of routine method and its efficiency is higher than that of the legally determined method of using intracerebral inoculation of mice.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
33
3
開始ページ105
終了ページ120
発行日1984-06
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030033000302
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030033000302