Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル自己免疫性皮膚疾患の補助療法としての免疫抑制剤に関する検討
タイトルヨミジコ メンエキセイ ヒフ シッカン ノ ホジョ リョウホウ ト シテノ メンエキ ヨクセイザイ ニ カンスル ケントウ
タイトル別表記A Study on the Immunosuppressive Drugs as an Adjunct for Tretment of Autoimmune Dermatosis
作成者山口, 康則
安野, 秀敏
今村, 隆志
山田, 健一
久本, 和夫
作成者ヨミヤマグチ, ヤスノリ
ヤスノ, ヒデトシ
イマムラ, タカシ
ヤマダ, ケンイチ
ヒサモト, カズオ
作成者別表記Yamaguchi, Yasunori
Yasuno, Hidetoshi
Imamura, Takashi
Yamada, Kenichi
Hisamoto, Kazuo
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)By the clinical study of the effect of immunosuppressive agents on the treatment of autoimmune dermatosis, such as pemphigus, pemphigoid and SLE, the following results were obtained. Azathiopurine were found to be useful as an adjunct of corticosteroid in 7 of the 9 patients with pemphigus, one of the 2 patients with pemphigoid and 4 of the 7 patients with SLE, and Mizoribine in one of the 4 patients with pemphigus and 2 of the 2 patients with pemphigoid. Cyclophosphamide was not useful in one patient with pemphigus and in one patient with SLE.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
31
5
開始ページ501
終了ページ510
発行日1982-10
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030031000506
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030031000506