Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル画像的に門脈内血栓が強く示唆されたIPHの一例
タイトルヨミガゾウテキ ニ モンミャクナイ ケッセン ガ ツヨク シサ サレタ IPH ノ イチレイ
タイトル別表記A case of idiopathic portal hypertension suspected protal thrombus by Images
作成者松村, 康博
日野, 啓輔
黒川, 典枝
久保, 善嗣
伊藤, 忠彦
柳井, 秀雄
吉田, 智治
安永, 満
福本, 陽平
沖田, 極
柳生, 岳志
鈴木, 敞
作成者ヨミマツムラ, ヤスヒロ
ヒノ, ケイスケ
クロカワ, ノリエ
クボ, ヨシツグ
イトウ, タダヒコ
ヤナイ, ヒデオ
ヨシダ, トモハル
ヤスナガ, ミツル
フクモト, ヨウヘイ
オキタ, キワム
ヤギュウ, タケシ
スズキ, タカシ
作成者別表記Matsumura, Yasuhiro
Hino, Keisuke
Kurokawa, Yoshie
Kubo, Yoshitugu
Ito, Tadahiko
Yanai, Hideo
Yoshida, Tomoharu
Yasunaga, Mituru
Fukumoto, Youhei
Okita, Kiwamu
Yagyuu, Yakeshi
Suzuki, Takashi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Previous studies have identified the thrombus in portal vessels of the liver from autopsy, not biopsy, of patients with idiopathic portal hypertension (IPH). Present study shows a case of IPH in which portal thrombus was observed by image findings of ultrasonography (US) or magnetic resonant image (MRI). The patient was a female aged 65 who showed pancytopenia, spienomegaly, and esophageal varices. She was diagnosed as IPH based on the criterion of Ministry of Health and Welfare Reserch Comittee on IPH. We detected the mass lesion which was considered to be the thrombus in portal vessel by US and MRI.
本文言語jpn
著者キーワードIPH
食道静脈瘤
脾腫
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
43
3
開始ページ211
終了ページ217
発行日1994-06
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030043000303
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030043000303