Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル山口大学精神神経科における神経内科外来診療の現況について
タイトルヨミヤマグチ ダイガク セイシン シンケイカ ニ オケル シンケイ ナイカ ガイライ シンリョウ ノ ゲンキョウ ニツイテ
タイトル別表記Prsent States of Neurology Clinic in the Department of Neuropsychiatry of Yamaguchi University Hospital
作成者川沢, 修平
柏村, 皓一
楠瀬, 幸雄
小橋, 研思
水木, 章夫
原, 良英
児玉, 和彦
土生, 建介
今泉, 潤一
浜崎, 純子
作成者ヨミカワザワ, シュウヘイ
カシワムラ, コウイチ
クスノセ, ユキオ
コバシ, ケンシ
ミズキ, アキオ
ハラ, タカヒデ
コダマ, カズヒコ
ハブ, ケンスケ
イマイズミ, ジュンイチ
ハマザキ, ジュンコ
作成者別表記Kawazawa, Shuhei
Kashiwamura, Koichi
Kusunose, Yukio
Kobashi, Kenshi
Mizuki, Akio
Hara, Takahide
Kodama, Kazuhiko
Habu, Kensuke
Imaizumi, Zyunichi
Hamazaki, Zyunko
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Neurological records of patients admitted to the neuropsychiatry clinic of Yamaguchi University Hospital from 1980 through 1982 were reviewed in order to obtain information which would be useful for the medical practice of neurology clinic in Yamaguchi Prefecture. Total number of neurological patients was about 500 every year and about the half of them were the patients of epilepsy. Both the number and the variety of neurological patients were increased year by year. Compared with other reports of neurology clinics, our data reveals that the number of the patients of epilepsy and degenerative diseases are larger and that of neuropathy and myelopathy are smaller than that of other reports. The residence of about the half of out-patients are Ube City and that of the others are widely distributed all over Yamaguchi Prefecture.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
32
4
開始ページ403
終了ページ408
発行日1983-08
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030032000404
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030032000404