Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル歯牙の交換並にその健否について(同一学童の9年間に於ける統計的観察)
タイトルヨミシガ ノ コウカン ナラビニ ソノ ケンピ ニツイテ ドウイツ ガクドウ ノ 9ネンカン ニオケル トウケイテキ カンサツ
タイトル別表記Tooth Exchange and Tooth Health (A nine-year study on the same group of schoolage population)
作成者益城, 久治
村田, 智達
中務, 澄仁
作成者ヨミマシキ, ヒサハル
ムラタ, チタツ
ナカツカサ, スミヒト
作成者別表記Mashiki, Hisaharu
Murata, Chitatsu
Nakatsukasa, Sumihito
作成者所属山口県立医科大学
内容記述(抄録等)著者等は山口市嘉川の同一学童(小学校入学から中学卒業までの男95名,女78名)の9年間に於ける歯牙交換及び?蝕罹患に関する統計的観察を行い次の様な結果を得た。1.乳歯の?蝕罹患率,def数及び現有歯数は何れも男が女よりやや高率である。2.乳歯の脱落期は上下顎とも女が早く,また男女とも下顎が早い。脱落順序は男女及び上下顎とも大体ABCDEの順であり,7~11年の間に殆ど全ての乳歯が脱落する。3.永久歯?蝕罹患率及びDMF数は男女ともほぼ同率を示しているが現有歯数に於いては女が高率である。4.永久歯生年齢は乳歯の脱落年齢にほぼ一致している。同名歯に於いては女が男よりも早期に生歯し,男女とも第一小臼歯を除けば下顎歯が早い。生歯順序は男女及び上下顎とも第一大臼歯,中切歯,側切歯の6.5~8.5年の間の萌出にはじまり第二小臼歯,第二大臼歯の11~12年の間の萌出をもって終る。5.著者等の検索した学校は、先人の成績に比較し口腔保健上すぐれた結果を得た。これは恐らく学校保健に関し,県優良校として過去数回表彰を受け衛生思想の普及がよくゆきわたっているためだろう。
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口県立医科大学医学会
出版者ヨミヤマグチケンリツ イカ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
11
3-4
開始ページ504
終了ページ507
発行日1962-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030011000307
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030011000307