Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルヒト大腸線腫に対するモノクローナル抗体の作製
タイトルヨミヒト ダイチョウ センシュ ニ タイスル モノクローナル コウタイ ノ サクセイ
タイトル別表記Monoclonal antibody against human colonoc adenoma
作成者宮原, 妙子
藤倉, 義久
針間, 喬
安武, 隆二郎
松浦, 伸二郎
由村, 俊二
福本, 哲夫
竹本, 忠良
作成者ヨミミヤハラ, タエコ
フジクラ, ヨシヒサ
ハリマ, タカシ
ヤスタケ, リュウジロウ
マツウラ, シンジロウ
ヨシムラ, シュンジ
フクモト, テツオ
タケモト, タダヨシ
作成者別表記Miyahara, Taeko
Fujikura, Yoshihisa
Harima, Takashi
Yasutake, Ryujiro
Matsuura, Shinjiro
Yoshimura, Syunji
Fukumoto, Tetsuo
Takemoto, Tadayoshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)We have generated weo monoclonal antibodies (UB-21, UB-22), which were produced by hybridoma cells, fusing mouse myeloma cells (NS-1) with the spleem cells of a BALB/c mouse that has been immunized with the suspended human colonic adenomas. Using an indirect immunofluorescence method, the presence of the anatigen against UB-21 and UB-22 was detected : it was detected in the normal human liver. UB-21 was detected in the large and small intestine of monkey, but UB-21 and UB-22 were negative with the intestine of the rat, rabbit raccoon, and badger. These findings suggested that these monoclonal antibodies (UB-21, UB-21) were specific for human and monkey's intestinal component and might be useful for analyzing normal and milignant human intesine.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
38
3
開始ページ215
終了ページ219
発行日1989-06
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030038000304
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030038000304