Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030069000303.pdf ( 1.8MB ) 公開日 2020-11-25
タイトル関門医療センターにおける髄液シャント術を要した水頭症の変遷
タイトルヨミカンモン イリョウ センター ニオケル ズイエキ シャントジュツ オ ヨウシタ スイトウショウ ノ ヘンセン
タイトル別表記Temporal trends in the incidence and clinical characteristics of hydrocephalus requiring cerebrospinal fluid shunt at kanmon medical center
作成者泉原, 昭文
山下, 勝弘
作成者ヨミイズミハラ, アキフミ
ヤマシタ, カツヒロ
作成者別表記Izumihara, Akifumi
Yamashita, Katsuhiro
内容記述(抄録等)水頭症は日常的によく遭遇する脳神経外科疾患であり,髄液シャント術が標準的に行われている.近年の少子高齢化や医療の進歩により水頭症診療は大きく変化していると考えられる.今回,当院における髄液シャント術を要した水頭症の変遷について検討した.2002年4月1日から2017年3月31日までの15年間に当院にて髄液シャント術を受けた水頭症患者164例(男性75例/女性89例・年齢0-91歳/平均64.3歳)を対象とした.5年毎に前中後期に分けて水頭症の原因,髄液シャント術の内容と合併症,クモ膜下出血後水頭症の場合の破裂脳動脈瘤に対する治療法などを後方視的に調べた.髄液シャント術が181回(前期79回・中期44回・後期58回)施行されていた.後期に女性から男性優位の傾向に,より高齢になった.クモ膜下出血後水頭症72例/76回,特発性正常圧水頭症(以下,特発性)31例/33回,先天性・小児性水頭症8例/10回などであった.後期に特発性が急増し,中後期にクモ膜下出血後と先天性・小児性が減少していた.脳室腹腔シャント術(ventriculo-peritoneal shunt:VPS)149回腰椎クモ膜下腔腹腔シャント術(lumbo-peritoneal shunt:LPS)29回などで中後期にVPSは減少し,後期にLPSが急増していた.再手術を要した手術合併症は17例(シャント感染7例・シャント不全5例・硬膜下血腫5例)であった.後期にシャント感染を認めなかった.破裂脳動脈瘤に対する開頭手術151例/脳血管内手術24例のうち,それぞれ59例(39.1%)/7例(29.2%)でその後の髄液シャント術を要した.前期から後期にかけて髄液シャント術を要したクモ膜下出血後水頭症発症の割合が特に脳血管内手術例で減少していた.特発性の急増と先天性・小児性の減少は少子高齢化の影響と考えられる.髄液シャント術を要したクモ膜下出血後水頭症の割合の減少と破裂脳動脈瘤に対する脳血管内手術との何らかの関連が示唆される.

The aim of the present study was to clarify temporal trends in the incidence and clinical characteristics of hydrocephalus requiring cerebrospinal fluid shunt. A total of 164 patients(75 men and 89 women ; mean age of 64.3 years) with hydrocephalus undergoing cerebrospinal fluid shunt during a 15-year period from April 2002 to March 2017 at Kanmon Medical Center were identified, and their medical records were reviewed, dividing into three periods(early, middle, and late) of 5 years each. Seventy-nine, 44, and 58 cerebrospinal fluid shunts were performed during these periods, respectively. We identified an abrupt increase in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus in the late period and a decrease in patients with hydrocephalus after subarachnoid hemorrhage and congenital or pediatric hydrocephalus in the middle and late periods. The occurrence of hydrocephalus after subarachnoid hemorrhage showed a tendency to decrease, especially in patients undergoing neuroendovascular therapy for ruptured intracranial aneurysms in the middle and late periods. The increase in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus and the decrease in patients with congenital or pediatric hydrocephalus would have been attributable to aging of the population and the decreasing birthrate. The decrease in patients with hydrocephalus after subarachnoid hemorrhage might have been associated with neuroendovascular therapy.
本文言語jpn
著者キーワード水頭症
髄液シャント術
少子高齢化
脳血管内手術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
69
3
開始ページ135
終了ページ140
発行日2020-09-25
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030069000303
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030069000303