Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030069000205.pdf ( 1.6MB ) 公開日 2020-07-10
タイトルインフルエンザ肺炎を合併した進行性骨化性線維異形成症の患者に対し長期集中治療を行った1例
タイトルヨミインフルエンザ ハイエン オ ガッペイ シタ シンコウセイ コッカセイ センイ イケイセイショウ ノ カンジャ ニ タイシ チョウキ シュウチュウ チリョウ オ オコナッタ 1レイ
タイトル別表記A case of fibrodysplasia ossificans progressiva complicated by influenza pneumonia treated with long-term intensive care
作成者福田, 志朗
三宅, 奈苗
又吉, 宏昭
作成者ヨミフクダ, シロウ
ミヤケ, ナナエ
マタヨシ, ヒロアキ
作成者別表記Fukuda, Shiro
Miyake, Nanae
Matayoshi, Hiroaki
内容記述(抄録等)進行性骨化性線維異形成症(fibrodysplasia ossificans progressiva:FOP)患者のインフルエンザ肺炎による急性呼吸不全に対する長期集中治療を経験した.患者は36歳女性で,7歳でFOPの診断を受けた.33歳時にカンジダ敗血症に起因する肺炎に罹患したが,集中治療室(ICU)での人工呼吸管理を受け,その後に軽快退院した.今回はインフルエンザA型ウイルス感染による発熱・嘔吐のため当院へ入院後,肺炎を併発し病棟で人工呼吸管理を開始したが,呼吸不全が急性増悪したために第18病日にICUへ入室した.入室後,血圧維持のためにノルアドレナリン投与を開始し,同日気管切開術を施行した.最終的に人工呼吸器からの離脱はできなかったが,胸部X線写真の肺炎像は著明に改善し,抗菌薬投与の終了後はP/F比が400以上で安定し,第105病日に長期療養型病院へ転院した.FOP患者で急性呼吸不全の治療を行う場合,呼吸管理の長期化を念頭に置くべきである.また必要に応じて気管切開や胸腔ドレナージなどの治療を,積極的かつ速やかに行うことが肝要である.

We provided long-term intensive care to a patient with fibrodysplasia ossificans progressiva(FOP)who had acute respiratory failure due to influenza pneumonia. The patient was a 36-year-old woman diagnosed with FOP at 7 years of age. When she was 33 years old, she experienced sepsis-induced pneumonia due to candidiasis, which was completely cured with artificial ventilation. Presently, she was admitted to our hospital for fever and vomiting caused by influenza A virus infection, which led to pneumonia. Artificial ventilation was started, and she was moved to the intensive care unit because of acute respiratory failure on the 18th day from the onset of disease. Administration of noradrenaline maintained the blood pressure, and she underwent tracheostomy on the same day. Therefore, she could not be weaned from artificial ventilation support;however, the chest x-ray findings improved. Her P/F ratio stabilized to more than 400 after antibiotic administration, and she was moved to a long-term care hospital. Long-term management by artificial ventilation may be required for the treatment of acute respiratory failure in FOP, and invasive procedures, such as tracheostomy and/or intrathoracic drainage, are important for the management.
本文言語jpn
著者キーワード進行性骨化性線維異形成症
インフルエンザ肺炎
気管切開
長期人工呼吸管理
胸腔ドレナージ
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
69
2
開始ページ99
終了ページ104
発行日2020-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030069000205
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030069000205