Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル民泊新法下の伝統的な農家民泊 : 島根県邑南町の事例から
タイトルヨミミンパク シンポウカ ノ デントウテキナ ノウカ ミンパク : シマネケン オウナンチョウ ノ ジレイ カラ
タイトル別表記Traditional rural Minpaku under Minpaku shinpou : Cases of Ohnan town, Shimane prefecture
作成者リシャラテ, アビリム
朝水, 宗彦
作成者ヨミアサミズ, ムネヒコ
作成者別表記Risalat, Ablim
Asamizu, Munehiko
作成者所属山口大学経済学部
内容記述(抄録等)Minpaku used to be defined as Machiya, Kominka, or farmers’ individual houses accommodations. However, due to the shortage of accommodations, especially for international visitors, newer types of Minpaku have been created in urban areas. In 2018, Minpaku Shinpou (New Law on Minpaku) of 2018 is enacted nation widely. Except for Minpaku Tokku (special district for Minpaku) and Green Tourism Tokku( special district for rural tourism), Minpaku Shinpou is working as a newer regulation for rural Minpaku operators.
本文言語jpn
著者キーワードMinpaku
rural tourism
regulation
資料タイプtext
出版者山口大學經濟學會
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ケイザイ ガッカイ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0513-1758
NCIDAN00243258
学内刊行物(紀要等)山口經濟學雜誌
掲載誌名山口經濟學雜誌
掲載誌名別表記山口経済学雑誌
68
1-2
開始ページ39
終了ページ54
発行日2019-7-30
著者版/出版社版その他
リポジトリIDC050068000103
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C050068000103