Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030068000105.pdf ( 3.7MB ) 公開日 2019-06-21
タイトル空腸Gastrointestinal stromal tumor(GIST)の4症例
タイトルヨミクウチョウ Gastrointestinal stromal tumor GIST ノ 4ショウレイ
タイトル別表記Jejunal gastrointestinal stromal tumor(gist) : A report of four cases
作成者中村, 丘
坂野, 尚
工藤, 淳一
松本, 賢治
中村, 宗剛
米城, 秀
久我, 貴之
伊藤, 浩史
濱野, 公一
作成者ヨミナカムラ, タカシ
サカノ, ヒサシ
クドウ, ジュンイチ
マツモト, マサハル
ナカムラ, ムネタカ
ヨネシロ, シゲル
クガ, タカユキ
イトウ, ヒロシ
ハマノ, キミカズ
作成者別表記Nakamura, Takashi
Sakano, Hisashi
Kudo, Junichi
Matsumoto, Masaharu
Nakamura, Munetaka
Yoneshiro, Shigeru
Kuga, Takayuki
Itoh, Hiroshi
Hamano, Kimikazu
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)2006年8月から2018年10月までに当院で経験した4例の空腸Gastrointestinal Stromal Tumor(GIST)はすべて女性で,75歳以上が3例,60歳代が1例であった.3例は術前臨床症状がなく,1例は貧血を主訴とした.術前造影Computed Tomography(CT)を行った後に手術を施行した.手術病理標本の免疫組織化学染色上,全例KIT陽性でありGISTと診断した.Fletcher分類で,低リスク3例,中間リスク1例であったため,全例に術後補助療法を行わなかった.3例は生存中で,1例は他病死した.

We encountered four female patients with jejunal gastrointestinal stromal tumor(GIST)between August 2006 and October 2018, of whom three were aged 75 years or older and one was in her 60s. Three patients had no clinical symptoms before surgery and one presented with anemia as a chief complaint. Preoperative contrast-enhanced computed tomography was performed before each surgery. Immunohistochemical examination of the surgical pathology specimens revealed that all cases were positive for KIT, thereby confirming the diagnosis of GIST. According to Fletcher’s classification, three cases were categorized as being low risk and one as intermediate risk. Therefore, no patient required postoperative adjuvant therapy. Three patients are currently alive and one died of intercurrent disease.
本文言語jpn
著者キーワード空腸GIST
高齢患者 
リスク分類 
補助療法
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
68
1
開始ページ39
終了ページ46
発行日2019-03-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030068000105
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030068000105