Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030068000104.pdf ( 1.4MB ) 公開日 2019-06-21
タイトル退職後高齢者へのがん検診受診勧奨の重要性 : 山口県がん登録の解析より
タイトルヨミタイショクゴ コウレイシャ エノ ガン ケンシン ジュシン カンショウ ノ ジュウヨウセイ : ヤマグチケン ガントウロク ノ カイセキ ヨリ
タイトル別表記Importance of cancer screening check-up encouragement to senior citizens after retirement : Based on analysis of Yamaguchi Prefecture cancer registration 2008-2014
作成者砂川, 博史
作成者ヨミスナガワ, ヒロシ
作成者別表記Sunagawa, Hiroshi
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)【目 的】がん検診の受診に関して,年齢や性別に加え,高齢化や過疎化といった地域特性も考慮して現状の分析を行い,がん検診の受診率向上に資する提言を行うこと.【対象と方法】山口県がん登録の2008~2014年のデータの内,胃がん,大腸がん,肺がんの年齢31~80歳の男女25,044例を抽出し,発見時進展度,発見経緯,医療圏内発見率等について解析を行った.【結 果】いずれのがんも61歳以上が80%近くを占めた.発見経緯で検診等を契機に診断された例では早期が多かった.年齢層が上がるほど検診等の割合が減る一方,他疾患観察中の割合が増えていたが,検診等の患者では,年齢層が上がっても早期割合は維持できていた.医療圏域内受診率は年齢層が上がるほど高くなっていた.【考察と結論】高齢者で検診等による発見割合が低下する要因の一つに定年退職による受診勧奨システムの変化が考えられた.がん罹患率が急増する高齢者にこそ重点的積極的な勧奨が必要で,効果が期待されるかかりつけ医からの勧奨に加え,退職手続きの場や,地域保健の中での勧奨,高齢者でも検診発見例は早期が大多数を占める等の魅力的な事実の提供等,きめ細かい対策が求められる.

【Purpose】To analyze the current situation in consideration of the patient’s age, gender, regional characteristics such as aging and depopulation, and make recommendations to improve the cancer screening examination rate.【Target and Method】From the data of Yamaguchi prefecture cancer registration 2008-2014, 25,044 people aged 31-80 of stomach, colon, and lung cancer were extracted. We analyzed the interrelationship among the degree of progress, the discovery route, and the discovery rate within the medical area.【Results】In all cancer nearly 80% cases were over 61 years. Cancer screening cases were often early. As the age group increased, the proportion discovered during follow-up of other diseases increased, the cancer screening percentage decreased. On the other hand, in cancer screening cases, the early percentage did not change even if the age increased. The medical examination rate within the medical care area increased by age.【Discussion and Conclusion】Change in the encourage system occurred at retirement might cause the cancer screening rate declines in elderly people. For elderly people doctor’s advice, active recommendation during retirement procedures and in community health, and announcing an attractive fact that over 80% of cancer screening are early even if you get older are necessary.
本文言語jpn
著者キーワードがん検診
地域がん登録
医療圏内受診率
定年後退職者
受診勧奨
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
68
1
開始ページ31
終了ページ37
発行日2019-03-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030068000104
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030068000104