Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURL2007020126.pdf ( 243.0KB ) 公開日 2010-04-16
タイトル機械学習によるタンパク質N-ミリストイル化規則の予測
タイトルヨミキカイ ガクシュウ ニヨル タンパクシツ N ミリストイルカ キソク ノ ヨソク
タイトル別表記Machine learning prediction of Amino acid sequence characterization in Protein N-Myristoylation
作成者岡田, 諒
杉井, 学
松野, 浩嗣
宮野, 悟
作成者ヨミオカダ, リョウ
スギイ, マナブ
マツノ, ヒロシ
ミヤノ, サトル
作成者別表記Okada, Ryo
Sugii, Manabu
Matsuno, Hiroshi
Miyano, Satoru
作成者所属山口大学大学院理工学研究科(理学)
山口大学大学情報機構
内容記述(抄録等)タンパク質N-ミリストイル化は、真核生物及び、ウイルス由来のタンパク質のN末端に炭素数14の飽和脂肪酸であるミリスチン酸が共有結合するタンパク質の脂質修飾である。本研究では機械学習システムBONSAIを用いて、タンパク質N-ミリストイル化に対する配列要求を調べた。BONSAIは、インデキシングと決定木の形で規則を発見する。実験の結果、BONSAIはミリストイル化に影響すると考えられているアミノ酸をインデキシングした。さらにミリストイル化を誘導する配列に関して、従来より重要とされてきた位置に加え、新たに、関係ないとされていた位置についてのアミノ酸要求の可能性も示唆した。
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者情報処理学会
出版者ヨミジョウホウ ショリ ガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN0919-6072
NCIDAA12055912
掲載誌名情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学
掲載誌名別表記IPSJ SIG technical reports
2005
128
開始ページ1
終了ページ6
発行日2005-12
関連情報URL(HasVersion)http://ci.nii.ac.jp/naid/110003482751/
権利関係本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。
著者版/出版社版出版社版
リポジトリID2007020126
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2007020126