Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLD300016000007.pdf ( 1.9MB ) 公開日 2018-05-09
タイトル日本語談話における沈黙の世代差 : 沈黙が挿入される統語環境をめぐって
タイトルヨミニホンゴ ダンワ ニオケル チンモク ノ セダイサ : チンモク ガ ソウニュウ サレル トウゴ カンキョウ オ メグッテ
タイトル別表記Differences of generation on silence in Japanese discourse : concerning the syntactic environment of silence insertion
作成者Ta, Thanh Huyen
内容記述(抄録等)日常会話で、発話者は言語表現の他に非言語表現も使いコミュニケーションをする。非言語表現とはうなずきや視線などであり、沈黙もそのうちの1つである。近年、沈黙に関する研究が次第に増えてきた。しかし、従来の研究は主に沈黙の意味と機能について分析したものが多く、統語論の観点からの分析はほとんど行われていない。本稿では、談話における沈黙を対象とし、沈黙が挿入される統語環境及び世代差を明らかにしたい。その際、20代と60代の談話を対象とする。まず、20代と60代の談話における沈黙が挿入される統語環境を考察し、次にその統語環境の比較を行う。それによって、沈黙の世代差を検証する。その結果、(1)沈黙が挿入される統語環境においては、20代に比べ60代の方が限定されること、(2)60代の沈黙は独立性が高い構成素の直後に挿入しやすいが、20代では挿入しにくい、という世代差が判明した。
本文言語jpn
著者キーワード談話
沈黙
統語環境
世代差
包含関係
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学大学院東アジア研究科
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ダイガクイン ヒガシアジア ケンキュウカ
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN1347-9415
NCIDAA11831154
学内刊行物(紀要等)東アジア研究
掲載誌名東アジア研究
掲載誌名別表記Journal of East Asian studies
16
開始ページ105
終了ページ123
発行日2018-03
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDD300016000007
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D300016000007