Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030066000304.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2017-10-23
タイトル開腹手術直後にNSAIDsによる多発小腸潰瘍穿孔を来した1例
タイトルヨミカイフク シュジュツ チョクゴ ニ NSAIDs ニヨル タハツ ショウチョウ カイヨウ センコウ オ キタシタ 1レイ
タイトル別表記A case of multiple perforation of small intestine associated with NSAIDs immediately after laparotomy
作成者久保, 秀文
木村, 祐太
河岡, 徹
宮原, 誠
清水, 良一
山下, 吉美
作成者ヨミクボ, ヒデフミ
キムラ, ユウタ
カワオカ, トオル
ミヤハラ, マコト
シミズ, リョウイチ
ヤマシタ, ヨシミ
作成者別表記Kubo, Hidefumi
Kimura, Yuta
Kawaoka, Toru
Miyahara, Makoto
Shimizu, Ryouichi
Yamashita, Yoshimi
内容記述(抄録等)今回われわれはNSAIDs内服が原因と思われる小腸多発潰瘍穿孔の1例を経験したので報告する.症例は59歳,女性.2016年11月子宮筋腫にて子宮全摘手術が施行された.術後,創痛に対してloxoprofen sodium内服を継続していたが,退院より10日後に腹部膨満,嘔気・嘔吐などイレウス症状出現したため前医へ再入院となった.術後イレウスが疑われ,保存加療がなされるも改善がないため子宮筋腫手術より2週間経過後に当院へ緊急紹介された.CTにて腹腔内の腸管外に多量の液体の貯留とフリーエアー像が認められ,血液検査で著明な炎症反応が認められた.消化管穿孔が疑われ転院当日に緊急開腹手術を施行した.腹腔内に大量の消化管内容液の貯留と多数ヵ所への膿苔の付着が認められトライツ靭帯より約20cmの空腸に多数ヵ所の2-3mmの小穿孔部位が認められた.約30cmの小腸部分切除を施行したが,腸管の浮腫が著明であり縫合不全が懸念されたため切除断端口側を腹壁へ挙上して単孔式の小腸ストーマ造設を行った.切除した小腸の病理組織学的診断では明らかな悪性所見や特異的な炎症性腸疾患の存在は否定され,薬剤を原因とした小腸多発単純潰瘍の穿孔が疑われた.術後2週目に試験開腹を施行したところ小腸の遠位部で小さな穿孔部位を2~3ヵ所認め,同部を各々修復した.腸管全体の浮腫と癒着が強く,剥離に伴う出血や2次損傷などが懸念され再吻合は断念して再洗浄のみ行った.その後炎症反応は徐々に消退し術後経過は良好であった.今後数ヵ月のintervalを置いて全身状態や栄養状態の改善を計って小腸再吻合を行う予定である.NSAIDSを処方する際,小腸潰瘍を惹起する可能性があることを銘記し腹部所見に細心の注意が必要である.腹膜炎の存在に留意して手術のタイミングを逃さないようにすべきである.

We report herein a case of NSAIDs-induced multiple small intestinal ulcers complicated by multiple perforation. A 59-year-old woman was received total hysterectomy for uterine myoma at another hospital November in 2016. She was administered loxoprofen against post-operative pain for about a week. She was transferred to our hospital because of presence of abdominal pain and fullness. CT revealed much of ascites and free air in abdominal cavity, so we made the diagnosis of a gastrointestinal perforation. Partial resection of the jejunum was performed and 7-8 punched out perforation holes were found in the resected specimen. We made a jejunostomy to avoid leakage of anastomosis.Pathological findings showed non-specific inflammation in the resected specimen, so loxoprofen was suspected as the cause of perforations. After 2 weeks from the initial operation, exploratory laparotomy was performed and several new perforations were found in the ileum, so we abandoned the anastomosis of small intestine. The recognition of NSAIDs-induced small intestinal injury is important and we should administer NSAIDs very carefully in post-operative patients.
本文言語jpn
著者キーワード非ステロイド性抗炎症薬
小腸潰瘍
小腸穿孔
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
66
3
開始ページ175
終了ページ181
発行日2017-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030066000304
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030066000304