Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030066000202.pdf ( 1.1MB ) 公開日 2017-07-12
タイトルピタバスタチンによる脂質低下療法を受けた患者のマルチスライスCTでの冠動脈プラーク評価(IMPACT研究)
タイトルヨミピタバスタチン ニヨル シシツ テイカ リョウホウ オ ウケタ カンジャ ノ マルチスライス CT デノ カンドウミャク プラーク ヒョウカ IMPACT ケンキュウ
タイトル別表記Investigation of multidetector computed tomography plaque assessment in patients receiving cholesterol lowering therapy with pitavastatin : the IMPACT study
作成者名尾, 朋子
三浦, 俊郎
吉村, 将之
藤村, 達大
中島, 好晃
岡田, 宗正
松永, 尚文
矢野, 雅文
作成者ヨミナオ, トモコ
ミウラ, トシロウ
ヨシムラ, マサユキ
フジムラ, タツヒロ
ナカシマ, ヨシテル
オカダ, ムネマサ
マツナガ, ナオフミ
ヤノ, マサフミ
作成者別表記Nao, Tomoko
Miura, Toshiro
Yoshimura, Masayuki
Fujimura, Tatsuhiro
Nakashima, Yoshiteru
Okada, Munemasa
Matsunaga, Naofumi
Yano, Masafumi
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)【背景】HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)による脂質低下療法により,冠動脈プラークは安定化・退縮することが知られている.我々はいわゆるマイルドスタチンとストロングスタチンの冠動脈プラークの性状に及ぼす影響を,64列マルチスライスCTを用いて比較検討した.【方法と結果】CTで非石灰化プラークを有する13名の患者にピタバスタチン2mgまたはプラバスタチン10mgを投与し,6ヵ月後および12ヵ月後にCTを施行した.ピタバスタチン群(n=6)では,プラークのCT値は6ヵ月後に35.6±28.8HU上昇し,12ヵ月後もほぼ同様であった.プラーク面積は6ヵ月後35.9±15.2%,12ヵ月後41.0±16.5%と有意に減少した.一方プラバスタチン群(n=7)では,6ヵ月後および12ヵ月後のCT値に有意差は認めず,プラーク面積は12ヵ月後のみ23.1±16.7%の有意な減少を認めた.【まとめ】ストロングスタチンによる脂質低下療法は,マイルドスタチンに比べ,非石灰化プラークを早期に退縮させることがCTで観察された.

Background The lipid-lowering therapy by statins may stabilize and reduce coronary plaques. We compare the effect of strong or moderate statins on the coronary plaque characteristics by using 64-slice multidetector computed tomography (MDCT). Methods and Results We analyzed 13 subjects with non-calcified coronary plaques(NCP)as determined by MDCT. Pitavastatin(PTV:2mg/day)or pravastatin(PRA:10mg/day)were randomly administered. MDCT were performed at 0, 6 and 12 months after lipid-lowering therapy. In PTV group(n=6),CT density of NCP increased by 35.6 ± 28.8 HU after 6 months(p=0.037)and by 30.6 ± 29.8 HU after 12 months(NS).NCP area was decreased by 35.9 ± 15.2 % after 6 months and by 41.0 ± 16.5 % after 12 months(both P=0.001).In PRA group(n=7),CT density of NCP did not significantly increased after 6 months(NS)and after 12 months(NS).NCP area was not significantly decreased at 6 months(NS),but decreased by 23.1 ± 16.7 % at 12 months(P=0.001). Conclusions Serial CT angiography revealed that the regression of NCP occurs rapidly by strong lipid lowering therapy compared to the moderate statin therapy.
本文言語jpn
著者キーワード冠動脈CT
非石灰化プラーク
スタチン
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
66
2
開始ページ89
終了ページ96
発行日2017-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030066000202
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030066000202