Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030066000104.pdf ( 945.1KB ) 公開日 2017-03-28
タイトル当院での膿胸3例の治療経験(胸腔鏡手術の適応に関する検討)
タイトルヨミトウイン デノ ノウキョウ 3レイ ノ チリョウ ケイケン キョウクウキョウ シュジュツ ノ テキオウ ニ カンスル ケントウ
タイトル別表記Clinical experience of three cases of pleural empyema(a review of thoracoscopic surgery for empyema)
作成者久保, 秀文
長岡, 知里
木村, 祐太
河岡, 徹
宮原, 誠
清水, 良一
安井, 正泰
折橋, 典大
三浦, 俊郎
作成者ヨミクボ, ヒデフミ
ナガオカ, チサト
キムラ, ユウタ
カワオカ, トオル
ミヤハラ, マコト
シミズ, リョウイチ
ヤスイ, マサヤス
オリハシ, ノリヒロ
ミウラ, トシロウ
作成者別表記Kubo, Hidefumi
Nagaoka, Chisato
Kimura, Yuuta
Kawaoka, Toru
Miyahara, Makoto
Shimizu, Ryouichi
Yasui, Masayasu
Orihashi, Norihiro
Miura, Toshiro
内容記述(抄録等)今回,われわれは胸腔鏡による掻爬と洗浄が奏効した膿胸の3例を経験したので文献的考察を加えて報告する.症例1,2では胸腔鏡下による癒着の剥離,洗浄にて速やかに胸痛および炎症所見は消失した.症例3では初発症状より5週間以上経過していたため,胸腔鏡下のみでの癒着剥離処置が困難であり小開胸術が追加された.深在性や多房性の膿胸に対しては,胸腔鏡下での掻爬と洗浄処置は低侵襲で安全かつ効率よく行うことができるが,その適切な時期を見極めることが重要である.

We retrospectively reviewed three cases of thoracic empyema treated by video-assisted thoracic surgery(VATS)with some literature. In case 1 and 2, thoracoscopic debridement and drainage were successfully performed, removing fibrin clots and septa from pleural surfaces. In case 3, the duration of symptoms before operation was over 5 weeks. Because of severe adhesion between lung and chest wall, he received a same thoracic surgery in which mini-thoracic incision was added. For the multiloculated or deeply-located acute thoracic empyema ineffective by percutaneous chest drainage. VATS is a less invasive, safe, and effective therapy. Timing of early surgical approach using thoracoscopy is important or critical.
本文言語jpn
著者キーワード胸腔鏡手術
膿胸
胸膜炎
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
66
1
開始ページ25
終了ページ30
発行日2017-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030066000104
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030066000104