Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030066000103.pdf ( 976.3KB ) 公開日 2017-03-28
タイトルタイムスタディによる保健師の日常業務 : 時間量と能力開発
タイトルヨミタイムスタディ ニヨル ホケンシ ノ ニチジョウ ギョウム : ジカンリョウ ト ノウリョク カイハツ
タイトル別表記A time and motion study of public health nurses’daily routine : Work breakdown and skill development
作成者守田, 孝恵 
磯村, 聰子
作成者ヨミモリタ, タカエ
イソムラ, サトコ
作成者別表記Morita, Takae
Isomura, Satoko
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)【目的】1分単位のタイムスタディによって,保健師の日常業務の内容と時間量を明らかにする.【方法】市の保健師を対象に始業から終業までのタイムスタディの連続観察法を実施した.毎分0秒になった時点の保健師の行動・言動を観察記録し,「データ」とした.「データ」の内容が変化した時点で,区切り「場面」とし,その意味を表す「活動内容」を生成し時間量を明らかにした.対象者に厚生労働省保健師活動領域調査の様式に記入してもらい,問題点等を聞いた.【結果】業務時間は526分,場面は75であった.活動内容別時間量は,「住民との関わり」は130分で業務全体の24.7%であった.「地域への働きかけ」は,81分(15.4%),「個別ケースの評価検討」は50分(9.5%),「地域活動のための職場内の相談」は,71分(13.5%)であった.活動領域調査様式への記入は,保健福祉事業4時間,コーディネート2時間,業務連絡・事務2時間で,感覚的に振り分けられていた.【考察】「地域活動のための職場内の相談」「個別ケースの評価検討」は,業務の中で人に学ぶ能力開発である.それらに約2時間を費やしており,日常業務で実践力が培われている実態が浮き彫りとなった.業務の間の分単位の相談・共有・報告等の時間確保が能力開発には重要であることが明らかとなった.保健師活動量をより正確に調査をするには,職場における地域活動のための相談や個別ケースの評価検討の時間を計上できる項目が必要であると考えられた.

【Purpose】A time and motion study to ascertain how a public health nurse spent her time.【Methods】A public health nurse was continuously observed from the beginning to the end of her shift and activity recorded on a minute-by-minute basis. She also completed a commonly-used Ministry of Health, Labour and Welfare survey about how she spent her working hours and free descriptive answer about the survey’s user-friendliness and utility.【Results】The nurse’s observed total working time was 526 minutes with 75 nursing activities, classified into 10 categories. These included communication with residents(24.7%;130min);liaison with other institutions(15.4%;81min);evaluation and review of individual cases(9.5%;50min);and consultations with colleagues and managers on community activity(13.5%;71min).In contrast the nurse self-reported that her working hours comprised 4hours health and welfare services, 2hours coordination, and 2hours documentation.【Discussion】“Consultations with colleagues and managers”and“evaluation and review of individual cases”lead to skill development. The nurse spent two hours on these tasks indicating that PHNs cultivate practical skills in their daily work. Ensuring that time was reserved for consultation and information sharing is important for skill development. Further research on their activity details is required to verify this research.
本文言語jpn
著者キーワードタイムスタディ
保健師活動
日常業務
能力開発
時間量
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
66
1
開始ページ17
終了ページ24
発行日2017-02-01
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/40017298870
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030066000103
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030066000103