Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030066000101.pdf ( 762.1KB ) 公開日 2017-03-28
タイトル認知症高齢者のエイジング・イン・プレイスを果たす地域密着型サービスでの看取りの実現
タイトルヨミニンチショウ コウレイシャ ノ エイジング イン プレイス オ ハタス チイキ ミッチャクガタ サービス デノ ミトリ ノ ジツゲン
タイトル別表記Aging in place of older people with dementia:realizing end-of-life care through community-based services
作成者永田, 千鶴
作成者ヨミナガタ, チヅル
作成者別表記Nagata,Chizuru
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)高齢者が最期を迎える場には,自宅,医療機関,社会福祉施設,ほか,があり,全死亡者数の8割弱が医療機関で最期を迎えている.今後急増する認知症高齢者が,環境の変化によるダメージを受けることなく,穏やかに最期を迎えることができる場所の選択肢の一つに,地域密着型サービス(以下,地域密着型)が挙げられる.しかし,地域密着型のような医療機関とは異なる事業所で看取りまで対応するには,様々な困難がある.そこで,本稿では,地域密着型での看取りの現状と課題を整理し,職員と利用者家族および地域住民に対する教育プログラムの実践による介入までの一連の研究で得た知見を述べる.中国地方のA市(人口17万人)にある地域密着型での看取りの実施率は低く,その課題には大きく,確立していない24時間医療連携体制と人材育成の不備が挙げられた.そこで,人材育成に焦点をあて,A市の地域密着型の職員を対象とした看取りに関する研修と,地域密着型の職員と利用者家族および住民合同の「看取りの学習会」を実施した.2つの介入研究の結果,特に職員にとっては,看取りに関する知識を得,参加者と情報を共有することは,看取りに対する不安・恐怖を緩和し,看取りに向けた心構えの形成および促進,すなわち看取る覚悟につながることが示唆された.以上のことから,教育プログラムの実践による介入は,地域密着型での看取りを促進する有用な手段になり得ると考える.

The places of death for older people are homes, social welfare facilities and medical institutions, with the latter accounting for almost 80% of deaths. Community-based-service(CBS)facilities are catering for rapidly increasing numbers of older people with dementia and there is a requirement for them to allow users to die a peaceful death without having the disruption of moving. However, there are a number of complexities in the provision of end-of-life care in CBS facilities outside medical institutions. This study presents an overview of the current status of end-of-life care in CBS, and explores the effectiveness of education programs for staff members, users’families, and community residents.End-of-life care was not provided in the majority of CBS facilities in a city in western Japan mainly because of a lack of 24-hour medical cover and inadequate professional development for staff. We focused on upskilling staff and held two training sessions on end-of-life care;one for the city’s CBS staff and the other for all staff, families, and community residents.Evaluation of the interventions suggests that obtaining knowledge on end-of-life care and sharing information with each other allays staff workers’anxieties and fear about end-of-life care and enable them to provide care of the dying in situ. The study indicates that educational programs could be a useful way to promote quality end-of-life care in CBS.
本文言語jpn
著者キーワード地域密着型サービス
地域包括ケアシステム
認知症高齢者
エイジング・イン・プレイス
看取り
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
66
1
開始ページ5
終了ページ10
発行日2017-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030066000101
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030066000101