Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLC010066000308.pdf ( 1.4MB ) 公開日 2017-02-06
タイトル教授学研究における「エビデンス」の位置価に関する検討 : ドイツにおける「可視化された学習」をめぐる議論を手がかりに
タイトルヨミキョウジュガク ケンキュウ ニオケル エビデンス ノ イチカ ニカンスル ケントウ : ドイツ ニオケル カシカ サレタ ガクジュウ オ メグル ギロン オ テガカリニ
タイトル別表記The position and value of the “evidence” in German-didactic focus on dispute about “visible learning” in German
作成者熊井, 将太
作成者ヨミクマイ, ショウタ
作成者別表記Kumai, Shota
作成者所属山口大学教育学部
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学教育学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク キョウイク ガクブ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN0286-0597
NCIDAN00240238
学内刊行物(紀要等)山口大学教育学部研究論叢(第3部)
掲載誌名研究論叢. 芸術・体育・教育・心理
掲載誌名別表記Bulletin of the Faculty of Education, Yamaguchi University
66
開始ページ57
終了ページ72
発行日2017-01-31
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDC010066000308
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/C010066000308