Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030065000305.pdf ( 1.9MB ) 公開日 2016-08-30
タイトル同一腺管上皮に腺扁平上皮癌成分への移行を伴う多形細胞型退形成性膵管癌の1例
タイトルヨミドウイツ センカン ジョウヒ ニ センヘンペイ ジョウヒガン セイブン エノ イコウ オ トモナウ タケイ サイボウガタ タイケイセイセイ スイカンガン ノ 1レイ
タイトル別表記A case of anaplastic ductal carcinoma with adenosquamous carcinoma of the pancreas
作成者上杉, 尚正
池下, 貴広
井上, 貴之
弘中, 秀治
神保, 充孝
小林, 俊郎
斎藤, 聰
高橋, 剛
郷良, 秀典
田中, 慎介
作成者ヨミウエスギ, ナオマサ
イケシタ, タカヒロ
イノウエ, タカユキ
ヒロナカ, ヒデハル
ジンボウ, ミツタカ
コバヤシ, トシロウ
サイトウ, サトシ
タカハシ, ツヨシ
ゴウラ, ヒデノリ
タナカ, シンスケ
作成者別表記Uesugi, Naomasa
Ikeshita, Takahiro
Inoue, Takayuki
Hironaka, Hideharu
Jinbo, Mitsutaka
Kobayashi, Toshiro
Saito, Satoshi
Takahashi, Tsuyoshi
Gohra, Hidenori
Tanaka. Shinsuke
作成者所属山口大学医学部附属病院
内容記述(抄録等)症例は73歳,女性.腹痛の精査目的で紹介された.CT検査で膵尾部に70mm大の不整形腫瘤を認めた.膵尾部浸潤性膵管癌と診断し根治手術を目指し,脾合併膵体尾部切除術,胃全摘術,空腸,横行結腸,左副腎合併切除術を施行した.摘出標本では,浸潤性に増殖する弾性硬の肉腫様腫瘤で,割面は黄白色で一部に壊死を認めた.病理組織学的に多型細胞型退形成性膵管癌と診断され,同一組織片の一部に腺扁平上皮癌への移行成分が混在していた.PSの悪化により術後補助化学療法の導入は困難であった.術後4ヵ月目に局所再発,腹膜播種が出現し,術後5ヵ月目に癌性悪液質で死亡した.本症例は同一組織内に増殖能の高い2組織型が混在し,その転帰は極めて不良であった.今後の治療方針確立のため報告した.

A 73-year-old woman was admitted to our hospital for further examination of abdominal pain. An abdominal CT showed an irregularly shaped tumor with a diameter of 70 mm in the tail of the pancreas. We diagnosed the case as pancreatic tail cancer and an operation was performed. At laparotomy, the tumor showed general expanding growth and direct invasion through the adjust organs. We performed distal pancreatectomy and splenectomy with total gastrectomy, partial resection of jejunum, partial transverse colectomy, and left adrenalectomy. The resected specimen showed an elastic hard tumor with sarcomatous change growing towards outside of the pancreas. The cut surface was yellow-white and showing partial necrotic change. The histopathologilcal diagnosis was pleomorphic cell type anaplastic ductal carcinoma with adenosquamous carcinoma. Abdominal CT scan performed four months after the operation revealed local recurrence and peritoneal dissemination. The patient died of cancer five months after resection. The tumor was diagnosed as coexist two histological types of cancer cells with high proliferating potential, so it is very difficult to cure with rapid progression. We hope to establish a more definitive treatment for this disease through ongoing encounters with patients.
本文言語jpn
著者キーワード退形成性膵管癌 
多形細胞型
腺扁平上皮癌
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
65
3
開始ページ143
終了ページ148
発行日2016-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030065000305
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030065000305