Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030065000302.pdf ( 1.8MB ) 公開日 2016-08-30
タイトル腹腔鏡下整復術を施行した成人特発性腸重積症の1例
タイトルヨミフククウキョウカ セイフクジュツ オ シコウ シタ セイジン トクハツセイ チョウジュウセキショウ ノ 1レイ
タイトル別表記A case report of adult idiopathic intussusception reduced by laparoscopic surgery
作成者国居, 由香
久我, 貴之
平田, 健
井口, 智浩
藤井, 康宏
作成者ヨミクニスエ, ユカ
クガ, タカユキ
ヒラタ, ケン
イノクチ, トシヒロ
フジイ, ヤスヒロ
作成者別表記Kunisue, Yuka
Kuga, Takayuki
Hirata, Ken
Inokuchi, Toshihiro
Fujii, Yasuhiro
内容記述(抄録等)成人腸重積症は小児と比較して器質的疾患を有することが多い.今回器質的疾患を有しない成人特発性腸重積症症例を経験したので報告する.症例は39歳,男性.腹痛で受診し,精査の結果,器質的疾患を有しない特発性腸重積症によるイレウスと診断された.血行障害を伴わないため保存的加療が行われた.1週間後,腸重積の改善を認めないため手術が行われた.回腸に重積腸管を認め,腹腔鏡下に整復が行われた.整復後,腸管うっ血と菲薄化部を認めたため腸管切除を行ったが,病理組織学的に器質的病変は認められなかった.成人特発性腸重積症は稀な疾患であり,文献的考察を加え報告する.

We herein report the case of a 39-year-old man in whom a ileus was caused by a idiopathic intussusception. He was admitted to our hospital for abdominal pain. A computed tomography(CT)revealed that ileus was caused by intussusception. At first, conservation therapy using ileus tube was performed because of no ischemic change of small intestine. The symptoms improved after a week, however CT showed persistent intussusception. Thus, a laparoscopic surgery was performed. The laparoscopic reduction was successful, but the reduced intestine appeared to be injured, which was then resected. Histopathologic findings revealed no injured change in intestine and a idiopathic intussusception. We report this rare case with some literature reviews.
本文言語jpn
著者キーワード成人腸重積症
特発性腸重積症
腹腔鏡手術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
65
3
開始ページ125
終了ページ128
発行日2016-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030065000302
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030065000302