Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030065000301.pdf ( 1.2MB ) 公開日 2016-08-30
タイトル山口県立総合医療センターにおける2005年から2015年までの抗酸菌検出状況と抗酸菌感染症患者の臨床背景
タイトルヨミヤマグチ ケンリツ ソウゴウ イリョウ センター ニオケル 2005ネン カラ 2015ネン マデノ コウサンキン ケンシュツ ジョウキョウ ト コウサンキン カンセンショウ カンジャ ノ リンショウ ハイケイ
タイトル別表記A study on the detection of mycobacteria and clinical backgrounds of patients with mycobacterial infection from 2005 to 2015, at the yamaguchi grand medical center
作成者田村, 万里子
野口, 悦伸
中村, 友里
田中, 史子
藤原, 智子
室谷, 里見
高橋, 徹
作成者ヨミタムラ, マリコ
ノグチ, ヨシノブ
ナカムラ, ユリ
タナカ, フミコ
フジワラ, トモコ
ムロヤ, サトミ
タカハシ, トオル
作成者別表記Tamura, Mariko
Noguchi, Yoshinobu
Nakamura, Yuri
Tanaka, Fumiko
Fujiwara, Tomoko
Muroya, Satomi
Takahashi, Toru
内容記述(抄録等)山口県立総合医療センターでの抗酸菌感染症の状況を明らかにするため,2005年4月から2015年3月までの10年間に抗酸菌検査を行った全1965検体を対象に,抗酸菌検出状況,患者の年齢分布と性別,患者の臨床背景について検討した.塗抹,培養,PCR検査のいずれかが陽性になった検体は177件であり,陽性率は9.0%であった.検出された抗酸菌の内訳は結核菌が28.2%,非結核性抗酸菌(NTM)が71.8%であった.NTMの93%はMycobacterium avium complexであった.結核は60代以上の男性に多く,80代が最多であった.一方,NTM感染症は50代以上の女性に多く,70代が最多であった.結核50例のうち,塗抹,培養,PCR検査が同時に実施された30例について,塗抹,培養,PCR検査の結果を比較検討したところ,塗抹陰性かつPCR陰性かつ培養陽性例が13例と最も多く,培養検査の重要性が再認識されるとともに,当センターの結核患者には培養検査のみでしか菌が検出できない,いわゆる診断困難例が多いことが分かった.今後も当センターにおける調査を継続することは抗酸菌感染症の状況を把握していくために重要である.さらに,山口県全体の状況を明らかにしていくためには,県内の他施設において同様の検討がなされることも望まれる.

To evaluate the long-term trend in mycobacterial infections in our hospital, we examined the detection of acid-fast bacilli, age distribution, sex differences, and clinical backgrounds of patients from whom 1,965 specimens were tested for acid-fast bacilli during a 10-year period between April 2005 and March 2015. The positive rate of acid-fast bacilli tests was 9%. Of the isolates, 28.2% were Mycobacterium tuberculosis(TB),and 71.8% were nontuberculosis mycobacteria(NTM);of the NTM, 93% were Mycobacterium avium complex. Most patients with tuberculosis were elderly men, and those with NTM infection were elderly women. We compared laboratory test results for TB in 30 patients with tuberculosis, and 13 patients had smear-negative, polymerase chain reaction-negative, but culture-positive specimens. These findings suggest that an unignorable number of patients with tuberculosis only had positive results on culture in our hospital, and we should renew our understanding of the importance of culture tests. It is worthwhile continuing our research to determine the trend of mycobacterial infection in our hospital. In addition, similar research in other hospitals in Yamaguchi prefecture is necessary to clarify the trend in the Yamaguchi Prefecture in the future.
本文言語jpn
著者キーワード結核菌
非結核性抗酸菌
抗酸菌検出状況
山口県
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
65
3
開始ページ119
終了ページ123
発行日2016-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030065000301
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030065000301