Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルMalignant fibrous histiocytoma の膵孤在性転移に対する切除経験
タイトルヨミMalignant fibrous histiocytoma ノ スイコザイセイ テンイ ニ タイスル セツジョ ケイケン
タイトル別表記Solitary pancreatic metastasis of malignant fibrous histocytoma treated by pancreatectomy
作成者品川, 裕治
西原, 譲二
濱崎, 達憲
川村, 明
浜中, 裕一郎
奥田, 道有
秋山, 哲司
相部, 剛
沖田, 極
伊原, 公一郎
河合, 伸也
高橋, 睦夫
鈴木, 敞
作成者ヨミシナガワ, ユウジ
ニシハラ, ケンジ
ハマサキ, タツノリ
カワムラ, アキラ
ハマナカ, ユウイチロウ
オクダ, ミチアリ
アキヤマ, テツジ
アイベ, ゴウ
オキタ, キワム
イハラ, コウイチロウ
カワイ, シンヤ
タカハシ, ムツオ
スズキ, タカシ
作成者別表記Sinagawa, Yuji
Nishihara, Kenji
Hamasaki, Tatsunori
Kawamura, Akira
Hamanaka, Yuichiro
Okuda, Michiari
Akiyama, Tetsuji
Aibe, Go
Okita, Kiwamu
Ihara, Kouichiro
Kawai, Shinya
Takahashi, Mutsuo
Suzuki, Takashi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)A solitary tumor was detected in the bode of the pancreas in a 31-year-old male who had undergone resection of malignant fibrous histiocytoma (MFH) of the left distal thigh bone two years before. The patient underwent disral pancreatectomy with regional lymphnode dissection. The surgical specimen revealed MFH matastatic to the pancreas. He is alive withour recurrence nor metastasis one year after the pancreatectomy. As far as we are aware, this report seems to be the first report of resected pancreatic merastasis of MFH.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
40
4
開始ページ499
終了ページ504
発行日1991-08
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030040000406
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030040000406