Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030065000202.pdf ( 686.6KB ) 公開日 2016-07-08
タイトル75歳以上高齢者の進行・再発大腸癌に対するベバシズマブ+XELOX療法の検討
タイトルヨミ75サイ イジョウ コウレイシャ ノ シンコウ サイハツ ダイチョウガン ニ タイスル ベバシズマブ + XELOX リョウホウ ノ ケントウ
タイトル別表記A study of the efficacy and safety of combination therapy of xelox and bevacizumab for elderly patients in over the age of 75 with advanced or recurrent colorectal cancer
作成者久保, 秀文
長岡, 知里
多田, 耕輔
宮原, 誠
長谷川, 博康
作成者ヨミクボ, ヒデフミ
ナガオカ, チサト
タダ, コウスケ
ミヤハラ, マコト
ハセガワ, ヒロヤス
作成者別表記Kubo, Hidefumi
Nagaoka, Chisato
Tada, Kousuke
Miyahara, Makoto
Hasegawa, Hiroyasu
内容記述(抄録等)今回われわれは75歳以上高齢者の進行・再発大腸癌に対してベバシズマブ+XELOX療法の効果について検討したので症例呈示も含め報告する.対象は当院でベバシズマブ+XELOX療法が3コース以上施行できた75歳以上高齢者の進行・再発大腸癌患者12例とした.(75?84;平均79.2歳),男性8女性4,初回Stage II(4),III(3),IV(5),治療ラインは一次治療6例,二次治療4例,三次治療以降2例であった.対象とした転移・再発臓器は肺:5,肝:8,リンパ節:5,腹膜:3例であった(重複あり).初回投与後の治療効果はCR:1例,PR:5例,SD:1例,PD:5例,奏効率50%(6/12例),病勢コントロール率58.3%(7/12例),その後6ヵ月経過後の治療効果はCR:1,PR-SD:0,PD:11例となり奏効率・病勢コントロール率はともに8.3%(1/12例)と極端に低下していた.本レジメンでfailureした5例は次回レジメンにおける最良効果はPR:1例,他の4例すべてがPDとなりその後BSCへ移行した.初回SD以上の効果を示した7例中5例は倦怠感・食欲不振を中心とした副作用のため休薬・中断を余儀なくされており,全例が6ヵ月後の判定でPDとなっていた.75?79歳群の奏効率60%(3/5),病勢コントロール率80%(4/5),80歳以上群の奏効率42.3%(3/7),病勢コントロール率42.3%(3/7)と80歳以上群では治療効果の低下が見られた.高齢者の進行・再発大腸癌患者においてもベバシズマブ+XELOX療法による治療効果は期待できるもののいかに投与継続していくかが重要な課題である.

We investigated the efficacy and safety of combination therapy of XELOX and Bevaci-zumab in late-stage elderly patients with advanced or recurrent colorectal cancer. We report the result including a few case presentation. 12 patients who received XELOX and Bevacizumab therapy for 3 cycle or more in our hospital were evaluated.After first treatment, the response rate in all patients was 50% and the disease control rate was 58.3%(CR:1/12, PR:5/12, NC:1/12, PD:5/12).But 6 months later, the response rate was decreased to 8.3%. 5 cases were found to be ineffective in first treatment of this regimen, so next another chemotherapy were administered to them, but 4 of 5 were found to be ineffective and followed best supportive care. On the other hand 1 of 5 was found to be partial response. 7 cases were found to be effective, but 5 of 7 were obliged to be interrupted chemotherapy due to general fatigue or anorexia, and all of 5 were found to be progressive disease in 6 months later of first treatment. In over the age of 80, the response rate was 42.3%(3/7),the desease control rate was 42.3%(3/7).Bevacizumab and XELOX therapy was effective in elderly patients with advanced or recurrent colorectal cancer. It is very important to manage the side effects for continuity of chemotherapy.
本文言語jpn
著者キーワード高齢者大腸癌
ベバシズマブ+XELOX療法
進行・再発大腸癌
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
65
2
開始ページ87
終了ページ93
発行日2016-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030065000202
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030065000202