Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLD500013000003.pdf ( 361.4KB ) 公開日 2016-04-08
タイトルBCCWJを利用した反復相・反復強意相の機能動詞「繰り返す」「積む」「重ねる」の異同 : 名詞の共起状況を手掛かりに
タイトルヨミBCCWJ オ リヨウ シタ ハンプク ソウ ハンプク キョウイ ソウ ノ キノウ ドウシ クリカエス ツム カサネル ノ イドウ : メイシ ノ キョウキ ジョウキョウ オ テガカリニ
タイトル別表記Differences of some function verbs regarding the frequentative aspect based on the BCCWJ : Focusing on the co-occurrence of nouns with "Kurikaesu," "Tsumu," and "Kasaneru"
作成者中溝, 朋子
坂井, 美恵子
金森, 由美
作成者ヨミナカミゾ, トモコ
サカイ, ミエコ
カナモリ, ユミ
作成者別表記Nakamizo, Tomoko
Sakai, Mieko
Kanamori,Yumi
作成者所属山口大学大学教育機構
内容記述(抄録等)本稿では,「繰り返す」「積む」「重ねる」について機能動詞(村木1991)としての意味の異同を明らかにし,日本語教育への応用について検討する. 「現代日本語書き言葉均衡コーパス(BCCWJ)」で検索した共起名詞の特徴を基に,瀬戸(2005,2007)の「中心義」の概念を用いて,各動詞がどのような中心義を持ち,中心義から機能動詞の意味にどのように連続性を持つかを分析することによって,機能動詞としての意味の違いを明らかにする.最後に日本語教育においてこれらの機能動詞の意味の違いを導入する例として試案を提案する.
本文言語jpn
著者キーワード機能動詞
コーパス
BCCWJ
共起
中心義
反復相
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学大学教育機構
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ダイガク キョウイク キコウ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN1349-4163
NCIDAA12007217
学内刊行物(紀要等)大学教育
掲載誌名大学教育
掲載誌名別表記Journal of higher education
13
開始ページ24
終了ページ37
発行日2016-03
関連情報URL(IsPartOf)http://www.oue.yamaguchi-u.ac.jp/publication.html
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDD500013000003
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D500013000003