Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030065000102.pdf ( 1.9MB ) 公開日 2016-03-14
タイトル肝細胞癌に対する内科治療の足跡 : 革新的治療法の開発
タイトルヨミカンサイボウガン ニ タイスル ナイカ チリョウ ノ ソクセキ : カクシンテキ チリョウホウ ノ カイハツ
タイトル別表記From tracing the history of medical therapies to the development of novel therapies for hepatocellular carcinoma
作成者山﨑, 隆弘
作成者ヨミヤマサキ, タカヒロ
作成者別表記Yamasaki, Takahiro
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)原発性肝悪性腫瘍[ほとんどが肝細胞癌(肝癌)]は,本邦の悪性新生物の死亡者数の第5位であり,年間約3万人が死亡している.近年,ウイルス肝炎治療の進歩により,非B非C型肝細胞癌が増加しており,そのサーベイランスが困難な状況である.肝癌に対する内科治療は,経皮的局所治療,経カテーテル療法,化学療法などがあり,近年の進歩により予後を改善させてきた.経皮的局所治療は,本邦で1980年代に開発されたエタノール注入療法に端を発し,現在ではラジオ波焼灼療法(RFA)が主流となっている.筆者らはRFAの凝固壊死範囲を拡大させる工夫として肝動脈バルーン閉塞下ラジオ波凝固療法を考案した.経カテーテル療法は,やはり本邦で1970年代に開発された肝動脈塞栓療法(TACE)が中心的役割を担ってきた.近年欧米を中心に施行されている薬物溶出性ビーズ(DEB)を用いたTACE(DEB-TACE)が施行可能となり,今後の評価が期待される.化学療法としては,分子標的治療薬ソラフェニブは世界標準治療であるが,奏功率は2-3%と低い.一方,本邦ならびにアジア地域を中心に行われている肝動注化学療法は,奏功率30-40%である.しかし,その使い分けについてはまだ議論の途上である.筆者らは,抗癌剤抵抗性の高度進行肝癌に対して鉄キレート剤の有用性を示し,最近では経口鉄キレート剤に関しても臨床研究を行っている.

Recent advances in medical therapies, including percutaneous local therapy, transcatheter arterial therapy, and chemotherapy, have improved the prognosis of hepatocellular carcinoma(HCC). Percutaneous local therapy started with percutaneous ethanol injection in the 1980s in Japan, and radiofrequency ablation(RFA)is now the norm. We designed balloon-occluded RFA to increase the area of coagulation necrosis compared to standard RFA. In transcatheter arterial therapy, transcatheter arterial chemoembolization, which was developed in the 1970s in Japan, has assumed a prominent role. Recently, drug-eluting beads-transcatheter arterial chemoembolization, which is used in Western countries, has been performed in Japan, and its efficacy must be investigated. In chemotherapy, although the multikinase inhibitor sorafenib is currently recommended as the standard of care worldwide, the response rate for sorafenib therapy is low, at approximately 2-3%. In contrast, the response rate for hepatic arterial infusion chemotherapy, which is used in Japan and Asia, is approximately 30-40%. However, there are no established criteria for the selection of hepatic arterial infusion chemotherapy or sorafenib. We have shown the efficacy of an alternative drug, the iron chelator deferoxamine, in advanced HCC patients, and a clinical trial investigating the efficacy of the oral iron chelator, deferasirox, for advanced HCC is now ongoing.
本文言語jpn
著者キーワード肝細胞癌
経皮的局所治療
経カテーテル療法
化学療法
鉄キレート剤治療
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
65
1
開始ページ15
終了ページ22
発行日2016-02-01
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/40017298869
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030065000102
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030065000102