Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030064000305.pdf ( 915.1KB ) 公開日 2015-10-14
タイトルMAID療法を試みた頭部血管肉腫の1例
タイトルヨミMAID リョウホウ オ ココロミタ トウブ ケッカン ニクシュ ノ 1レイ
タイトル別表記MAID (mesna, adriamycin, ifosfamide, dacarbazine) combination chemotherapy in a patient with angiosarcoma of the skin
作成者倉田, 裕介
若松, 研弥
中村, 好貴
一宮, 誠
武藤, 正彦
作成者ヨミクラタ, ユウスケ
ワカマツ, ケンヤ
ナカムラ, ヨシタカ
イチミヤ, マコト
ムトウ, マサヒコ
作成者別表記Kurata, Yusuke
Wakamatu, Kenya
Nakamura, Yoshitaka
Ichimiya, Makoto
Muto, Masahiko
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)67歳,男性.頭頂部から左上眼瞼および右鼻翼にかけて広範囲に存在する紅斑と結節,潰瘍を主訴に当科紹介受診となった.病理組織学的所見において異型性のある腫瘍細胞が血管を模倣した管腔構造を呈しており,免疫染色においてCD31が陽性であったため,血管肉腫と診断した.明らかな遠隔転移は存在しなかったが,腫瘍が多発しており手術による完全切除が不可能と判断し,MAID(Mesna,Adriamycin,Ifosfamide,Dacarbazine)療法を行った.grade3の好中球減少とそれに伴う発熱を認めたが5コース終了時には腫瘍は著明に縮小しPR(partial response)が得られた.頭部血管肉腫は高齢者に好発するのが,自験例のように60歳代でpeformance status(以下PS)が0でありMAID療法を行うことができた稀な症例を経験したので,若干の文献的考察を加えここに報告した.

We report a case of angiosarcoma treated with combination chemotherapy (MAID:mesna, adriamycin, ifosfamide, dacarbazine). A 67-year-old man presented with an ulcerated, dark-red nodule and erythematous plaques on the scalp and upper left face. A skin biopsy of the lesion confirmed angiosarcoma. He was treated with MAID combination chemotherapy every 3 weeks due to unresectable tumor. After completing the fifth cycle, the lesion was decreased in size. MAID combination chemotherapy may offer a promising treatment option for angiosarcoma. Further investigations are necessary to confirm the efficacy of MAID combination chemotherapy for angiosarcoma.
本文言語jpn
著者キーワード血管肉腫
MAID療法
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
64
3
開始ページ199
終了ページ203
発行日2015-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030064000305
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030064000305