Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLA040054000111.pdf ( 399.9KB ) 公開日 2010-04-19
タイトル表面部材の接着一体性および崩壊の限界予測に関する理論的研究
タイトルヨミヒョウメン ブザイ ノ セッチャク イッタイセイ オヨビ ホウカイ ノ ゲンカイ ヨソク ニ カンスル リロンテキ ケンキュウ
タイトル別表記Theoretical methods for predicting fracture criteria of surface finishings bonded on concrete and masonry structures
作成者馬場, 明生
渡部, 嗣道
守, 明子
森田, 和宏
川手, 洋
佐藤, 俊介
作成者ヨミババ, アキオ
ワタナベ, ツグミチ
モリ, アキコ
モリタ, カズヒロ
カワテ, ヒロシ
サトウ, シュンスケ
作成者別表記Baba, Akio
Watanabe, Tsugumichi
Mori, Akiko
Morita, Kazuhiro
Kawate, Hiroshi
Sato, Shunsuke
作成者所属山口大学工学部
内容記述(抄録等)This paper deals with the exfoliation mechanisms of surface layers usually bonded to concrete and masonry components in order to establish the safety design methods of buildings, that is to say, preventing from any damage under daily external forces, standard disasters such as rare earthquakes and any exfoliation under extremely rare earthquakes. Three fundamental mechanisms are clarified to control a whole process through the initiation to the final fracture. As a result, the effects on normal stresses in surface layers and shear stresses on boundary surface of the layers are predicted quantitatively on the basis of geometry, mechanical properties and various kinds of differential movements.
本文言語jpn
著者キーワードsurface layer
exfoliation mechanism
safety design
shear lag theory
buckling theory
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学工学部
出版者ヨミヤマグチ ダイガク コウガクブ
NII資料タイプ紀要論文
学内刊行物(紀要等)山口大学工学部研究報告
掲載誌名山口大学工学部研究報告
掲載誌名別表記Memoirs of the Faculty of Engineering, Yamaguchi University
54
1
開始ページ99
終了ページ106
発行日2003-10
関連情報URL(IsPartOf)http://memoirs.lib-e.yamaguchi-u.ac.jp/
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDA040054000111
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/A040054000111