Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030064000211.pdf ( 1.1MB ) 公開日 2015-06-24
タイトル腋窩リンパ節転移で発見され胸筋温存乳房切除術を施行した潜在性乳癌の2例
タイトルヨミエキカ リンパセツ テンイ デ ハッケン サレ キョウキン オンゾン ニュウボウ セツジョジュツ オ セコウ シタ センザイセイ ニュウガン ノ 2レイ
タイトル別表記Two cases of occult breast cancer presenting as metastatic axillary tumor
作成者深光, 岳
野島, 真治
杉山, 望
金田, 好和
須藤, 隆一郎
亀井, 敏昭
作成者ヨミフカミツ, ガク
ノシマ, シンジ
スギヤマ, ノゾム
カネダ, ヨシカズ
ストウ, リュウイチロウ
カメイ, トシアキ
作成者別表記Fukamitsu, Gaku
Noshima, Shinji
Sugiyama, Nozomu
Kaneda, Yoshikazu
Suto, Ryuichiro
Kamei, Toshiaki
内容記述(抄録等)症例1は72歳女性.右腋窩リンパ節腫脹を主訴に当科受診した.乳癌の腋窩リンパ節転移を疑いマンモグラフィ(MMG),超音波検査(US),CT,MRIで検索を行ったが原発不明であった.腋窩リンパ節生検の結果,浸潤性小葉癌であった.潜在性乳癌の診断で乳房切除,腋窩リンパ節郭清を施行した.症例2は60歳女性.右腋窩リンパ節腫脹を主訴に当科受診した.症例1と同様に各検査で原発不明であった.腋窩リンパ節生検の結果,浸潤性乳管癌であった.潜在性乳癌の診断で乳房切除,腋窩リンパ節郭清を行った.症例1,2ともに術後3年間無再発で経過している.全乳癌における潜在性乳癌の頻度は0.3-1%^{1,2)}と稀であり,各施設が個別に治療方針を決定している.不十分な治療は再発転移の可能性を高めるが,過剰な治療も控えるべきであるため治療方針の決定には苦慮する.体系化された治療指針を作成するためには症例の蓄積が必要と考える.

ACase 1:A 72-year-old woman visited us with a complaint of right axillary lymph node swelling. Breast cancer metastases to the axillary lymph nodes were suspected. Even with mammography(MMG),ultrasound(US),computed tomography(CT),and magnetic resonance imaging(MRI),the primary lesion could not be identified. Axillary lymph node biopsy revealed invasive lobular breast carcinoma. She was diagnosed with latent breast cancer and underwent mastectomy and axillary lymphadenectomy. Case 2:A 60-year-old woman visited us with a complaint of right axillary lymph node swelling. Despite various examinations, including MMG, US, CT and MRI as in Case 1, the primary lesion could not be identified. Axillary lymph node biopsy revealed invasive ductal breast carcinoma, leading to a diagnosis of latent breast cancer. She underwent mastectomy and axillary lymphadenectomy. Postoperatively, both patients have remained recurrence-free for two years to date. Latent breast cancer develops at a low incidence, 0.3-1% of all breast cancers, and therapeutic strategies are determined on an individual basis at each institution. While insufficient treatment increases the possibility of recurrence and metastasis, excessive therapy should be avoided. Therefore, determining the optimal therapeutic strategy can be challenging. We advocate accumulating more cases to establish systematic therapeutic guidelines.
本文言語jpn
著者キーワード潜在性乳癌
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
64
2
開始ページ153
終了ページ157
発行日2015-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030064000211
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030064000211