Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLD300013000010.pdf ( 2.2MB ) 公開日 2015-04-20
タイトル地方自治体におけるTDABCの活用 : ABCにおける理論・実践の流れの中で
タイトルヨミチホウ ジチタイ ニオケル TDABC ノ カツヨウ : ABC ニオケル リロン ジッセン ノ ナガレ ノ ナカデ
タイトル別表記Practical uses of TDABC in the local governments
作成者重見, 秀和
作成者ヨミシゲミ, ヒデカズ
作成者別表記Shigemi, Hidekazu
内容記述(抄録等)地方自治体においては,非常に厳しい財政のもと,行財政改革が進められ,その一手法として管理会計の手法である,ABC(Activity-Based Costing: 活動基準原価計算)の活用が注目を浴びてきた. しかし,さまざまな理由からその導入は進んでいない. またABC の提唱者であるKaplan からも,従来のABC については複雑で高コストなことから,その導入の難しさについての認識が示され,新たな手法としてTDABC(Time-Driven Activity-Based Costing: 時間主導型活動基準原価計算)の提唱が行われたところである. しかし,このTDABCの有用性については,国内の学者からは賛否があり,また国内の地方自治体への実証研究は見当たらない. そこで本研究では,論題にあるとおり,地方自治体におけるTDABCの実証研究を行い,その有用性についての検証を行うことを目的とする. そして副題にもあるとおり,ABCにおける理論・実践の流れの中で,ABCにどのような問題点があり,なぜTDABCが提起されるにいたったのか,またTDABCそのものの有用性についてどのような先行研究がなされているのかをまず明らかにする. さらに,その先行研究においてなぜ実証研究が求められているかを明らかにし,適用対象である地方自治体に対して,ABCとTDABCではどのような違いが生じるのかについて比較検討する中で,TDABCの有用性を検証することを目的とした. (以下,略)
本文言語jpn
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学大学院東アジア研究科
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ダイガクイン ヒガシアジア ケンキュウカ
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN1347-9415
NCIDAA11831154
学内刊行物(紀要等)東アジア研究
掲載誌名東アジア研究
掲載誌名別表記Journal of East Asian studies
13
開始ページ195
終了ページ221
発行日2015-03
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDD300013000010
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D300013000010