Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030064000108.pdf ( 2.2MB ) 公開日 2015-05-01
タイトルInterferonβ+ribavirin併用療法によりsustained virological responseが得られたCharcot-Marie-Tooth病合併C型慢性肝炎の一例
タイトルヨミInterferonβ+ribavirin ヘイヨウ リョウホウ ニヨリ sustained virological response ガ エラレタ Charcot-Marie-Tooth ビョウ ガッペイ Cガタ マンセイ カンエン ノ イチレイ
タイトル別表記A case of chronic hepatitis c with charcot-marie-tooth disease successfully treated with interferon beta and rivabirin combination therapy
作成者松浦, 桂司
日髙, 勲
花園, 忠相
佐伯, 一成
岩本, 拓也
石川, 剛
高見, 太郎
川井, 元晴
寺井, 崇二
神田, 隆
坂井田, 功
作成者ヨミマツウラ, ケイジ
ヒダカ, イサオ
ハナゾノ, タダスケ
サエキ, イッセイ
イワモト, タクヤ
イシカワ, ツヨシ
タカミ, タロウ
カワイ, モトハル
テライ, シュウジ
カンダ, タカシ
サカイダ, イサオ
作成者別表記Matsuura, Keiji
Hidaka, Isao
Hanazono, Tadasuke
Saeki, Issei
Iwamoto, Takuya
Ishikawa, Tsuyoshi
Takami, Taro
Kawai, Motoharu
Terai, Shuji
Takashi, Takashi
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学医学部附属病院
山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)症例は36歳の男性.Charcot-Marie-Tooth(CMT)病type 1Bと診断され,当院の神経内科にて通院加療を受けていた.200X年11月にAST 237IU/ml,ALT 496IU/mlと肝障害を認め,当科紹介となった.精査の結果,C型慢性肝炎 genotype 2a, HCV-RNA 5.4logIU/mlと診断され,Interferon(IFN)治療開始目的に,翌年4月に入院となった.IFNには副作用として少数ではあるが末梢神経障害の報告がある.末梢神経障害の機序は不明であるが,神経筋疾患患者においては,一般にIFN投与は好ましくないとされている.国内にて使用されるIFN製剤は数種類あるが,IFNαは0.1~5%未満の頻度で末梢神経障害を認めるとされているが,IFNβには末梢神経障害の報告はない.そこで,今回神経内科医による厳重な経過観察のもと,IFNβを用いてCMT病合併C型慢性肝炎に対しIFNβ+Rivabirin(RBV)併用療法を行った.神経症状の増悪なく治療を完遂することができ,sustained viral response(SVR)が得られた.末梢神経障害を合併するB型・C型慢性肝炎に対してIFN治療を行う際には,IFN βを使用することにより,神経症状の増悪なく安全に抗ウイルス療法を施行できる可能性が示唆された.

A 36-year-old man diagnosed with Charcot-Marie-Tooth(CMT)disease type 1B was treated in the department of neurology of this hospital. Due to a liver injury(AST 237IU/ml, ALT 496IU/ml)which occurred in November 200X, he was introduced to our department. As a result of scrutiny, we diagnosed him with chronic hepatitis C genotype 2a(HCV-RNA 5.4logIU/ml).He will be admitted to the hospital for Interferon(IFN)therapy in April next year. Although the mechanism is unknown, there are a few reports of peripheral neuropathy related to IFN therapy. Therefore, IFN therapy is generally unfavorable for patients with neuromuscular disorders. There are several IFN preparations used in Japan. IFN alfa associated peripheral neuropathy appears less than 0.1-5% of the time. While there is no report of peripheral neuropathy related to IFN beta, we performed IFN beta and Rivabirin combination therapy with a severe follow-up by a neurologist. We could accomplish treatment without the exacerbation of neurologic symptoms. He achieved sustained viral response. When IFN therapy was provided for chronic hepatitis B or chronic hepatitis C complicated with peripheral neuropathy, there is some possibility of performing antiviral therapy safely by using IFN beta.
本文言語jpn
著者キーワードC型慢性肝炎
インターフェロン
Charcot-Marie-Tooth病
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
64
1
開始ページ53
終了ページ57
発行日2015-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030064000108
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030064000108