Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030064000105.pdf ( 1.9MB ) 公開日 2015-05-01
タイトル肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法施行直後に腫瘍破裂を来した一例
タイトルヨミカンサイボウガン ニ タイスル カンドウミャク カガク ソクセン リョウホウ シコウ チョクゴ ニ シュヨウ ハレツ オ キタシタ イチレイ
タイトル別表記A case of ruptured hepatocellular carcinoma immediately after transcatheter arterial chemoembolization
作成者福井, 悠美
佐伯, 一成
花園, 忠相
田邉, 規和
浦田, 洋平
日髙, 勲
寺井, 崇二
坂井田, 功
作成者ヨミフクイ, ユミ
サエキ, イッセイ
ハナゾノ, タダスケ
タナベ, ノリカズ
ウラタ, ヨウヘイ
ヒダカ, イサオ
テライ, シュウジ
サカイダ, イサオ
作成者別表記Fukui, Yumi
Saeki, Issei
Hanazono, Tadasuke
Tanabe, Norikazu
Urata, Yohei
Hidaka, Isao
Terai, Shuji
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学医学部附属病院
山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)肝細胞癌(HCC;hepatocellular carcinoma)の自然破裂はしばしば遭遇する病態である.しかし,肝動脈化学塞栓療法(TACE;transcatheter arterial chemoembolization)施行直後に破裂を来した症例の報告は比較的まれであり,今回,HCCに対しTACE施行直後に破裂を来した一例を経験したので報告する.患者は73歳男性,背景肝は慢性肝障害(非B非C)であり,20XX年5月に肝S7のHCCに対して,開胸開腹S7亜区域切除術を施行した.翌年5月,肝両葉にHCCの再発を認め,リピオドール併用肝動脈化学療法(Lip-TAI;lipiodol-transcatheter arterial infusion)を施行したが,肝S2の腫瘍はリピオドール貯留不良であった.7月には同S2病変は径38×20mm大に増大し,肝表面に突出していた.同病変に対してTACEを施行したが,治療終了4時間後に心窩部痛が出現し,収縮期血圧は60mmHg台に低下した.細胞外液負荷にて速やかに収縮期血圧90mmHg台まで上昇したため経過観察としたが,徐々に貧血が進行した(術前Hb 11g/dl → 術後Hb 6.2g/dl).術後4日目の腹部エコーおよび腹部造影CTで,TACE施行後の肝S2のHCCの周囲に血腫を認めた.明らかな造影剤の漏出は認めなかったが,HCC破裂による貧血進行と判断し,同日再出血予防のため肝動脈塞栓療法(TAE;transcatheter arterial embolization)を施行した.TAE施行後は再出血なく経過した.本症例では,HCCが増大傾向にあり,肝表面に突出していたことから,元々HCC破裂の可能性も考慮すべきであった.加えて,TAE施行時にTACE後の肝S2HCCに血流の残存を認め,塞栓が不十分であったことが判明した.以上のことから,TACEに伴う様々な刺激,血流残存などの要因によりHCC破裂を来したことが推察された.したがって,本症例のように肝表面に局在するHCCに対してTACEを施行する際には,TACE後破裂のリスクも想定して,慎重かつ確実に肝動脈を塞栓し,厳重な経過観察をしていくことが重要と考えられる.

Spontaneous rupture of hepatocellular carcinoma(HCC)is well known. However, rupture of HCC after transcatheter arterial chemoembolization(TACE)is a rare but potentially fatal complication. Herein, we report a case of ruptured HCC after TACE in a 73-year-old man with chronic liver injury(non-B and non-C).He had previously undergone subsegmental resection of S7 of the liver for HCC. One year later, multiple HCCs were detected. TACE was performed for the recurrent HCCs located on the surface of S2 of the liver. Epigastric pain and decreased blood pressure were observed after the treatment. Although his symptoms improved immediately, the patient gradually became anemic. Radiological examination after TACE revealed a hematoma around the S2 lesion. Therefore, we diagnosed rupture of HCC. We performed TAE and could control the bleeding. Few possible mechanisms of ruptured HCC after TACE include increasing pressure inside the tumor and capsular injury due to TACE. Consequently, HCC which has a high risk of rupture after TACE should be assured embolization and careful observation.
本文言語jpn
著者キーワード肝細胞癌
肝動脈化学塞栓療法
腫瘍破裂
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
64
1
開始ページ35
終了ページ40
発行日2015-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030064000105
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030064000105