Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル本院使用の市販フェニトイン製剤の血清中濃度
タイトルヨミホンイン シヨウ ノ シハン フェトイン セイザイ ノ ケッセイチュウ ノウド
タイトル別表記Serum Level of Phenytoin Products Used in Yamaguchi University Hospital
作成者足立, タツ子 (旧姓小林)
弘長, 恭三
神代, 昭
宮地, 隆興
作成者ヨミアダチ, タツコ
ヒロナガ, キョウゾウ
コウシロ, アキラ
ミヤジ, タカオキ
作成者別表記Adachi, Tatsuko
Hironaga, Kyozo
Koshiro, Akira
Miyaji, Takaoki
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)The relationships of serum phenytoin level with odse, age and formulation, respectively, were investigated using 107 data of 82 patients medicated with commercial antiepileptics from September 1978 to Feburuary 1981 in Yamaguchi University Hospital and the in vitro dissolution profiles of there products, i. e. Aleviation^〇!R (pure powder), Aleviatin^〇!R tablet and Diphenylhydantoin^〇!R powder (10%), 1. The serum phenytoin levels didn't reach to the therapeutic levels (10-20 μg/ml in adult and 5-20 μg/ml in child) regardless to age, formulation and brand when dosed under 4mg/kg/day. …
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
30
4
開始ページ483
終了ページ490
発行日1981-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030030000414
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030030000414