Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル気管支喘息患者の臨床的・疫学的研究 その1. 外来患者の統計学的観察
タイトルヨミキカンシ ゼンソク カンジャ ノ リンショウ テキ エキガク テキ ケンキュウ ソノ 1 ガイライ カンジャ ノ トウケイガク テキ カンサツ
タイトル別表記Clinical and Epidemiological Study on Bronchial Asthma Part 1. Statistical Survey of Outpatients at an Allergy Clinic
作成者岩本, 晋
芳原, 達也
小林, 春男
東原, 英治
広田, 晴郎
酒井, 恒美
長崎, 美祢子
厚見, 満須美
作成者ヨミイワモト, ススム
ホウバラ, タツヤ
コバヤシ, ハルオ
ヒガシハラ, エイジ
ヒロタ, セイロウ
サカイ, ツネミ
ナガサキ, ミネコ
アツミ, マスミ
作成者別表記Iwamoto, Susumu
Hobara, Tatsuya
Kobayashi, Haruo
Higasjihara, Eiji
Hirota, Seiro
Sakai, Tunemi
Nagasaki, Mineko
Atsumi, Masumi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Epidemiological study was done on the records of 699 outpatients of bronchial asthma seen at the allergy clinic of Sanyoso hospital during '78 to '80. The results obtained were as follows ; 1) The age of onset was younger than 10 years old in half the cases while 10% of the cases were latter than 50 years old. 2) Young boys under 10 years of age develop asthma twice as often as girls, then girls partially catch uo with boys in developing asthma during teens to fifties. With more aging men again show higher incidence rate than women. 3) Passage years of patients from onset till visiting the Sanyosohospital ranged from 0 to 50, and 70% of them are longer than 2 years.…
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
30
4
開始ページ469
終了ページ474
発行日1981-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030030000412
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030030000412