Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルQuantitative assessment of rest and acetazolamide CBF using quantitative SPECT reconstruction and sequential administration of ^{123}I-iodoamphetamine : comparison among data acquired at three institutions
作成者Yamauchi, Miho
Imabayashi, Etsuko
Matsuda, Hiroshi
Nakagawara, Jyoji
Takahashi, Masaaki
Shimosegawa, Eku
Hatazawa, Jun
Suzuki, Michiyasu
Iwanaga, Hideyuki
Fukuda, Kenji
Iihara, Koji
Iida, Hidehiro
作成者ヨミヤマウチ, ミホ
イマバヤシ, エツコ
マツダ, ヒロシ
ナカガワラ, ジョウジ
タカハシ, マサアキ
シモセガワ, エク
ハタザワ, ジュン
スズキ, ミチヤス
イワナガ, ヒデユキ
フクダ, ケンジ
イイハラ, コウジ
イイダ, ヒデヒロ
作成者別表記鈴木, 倫保
岩永, 秀幸
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
山口大学医学部附属病院
本文言語eng
著者キーワードSingle-photon emission computed
tomography
Cerebral blood flow
Cerebral vascular disease
Kinetic modeling
Ischemia
資料タイプtext
出版者日本核医学会
出版者ヨミニホン カク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN0914-7187
NCIDAA10708017
掲載誌名Annals of Nuclear Medicine
28
9
開始ページ836
終了ページ850
発行日2014-11-19
PubMed IDinfo:pmid/25001261
DOIinfo:doi/10.1007/s12149-014-0879-9
関連情報URL(IsPartOf)http://link.springer.com/journal/12149
著者版/出版社版その他
リポジトリID2014010553
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2014010553