Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000306.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2015-01-07
タイトル肥満患者の足指切断術における超音波ガイド下神経ブロックの1例
タイトルヨミヒマン カンジャ ノ アシユビ セツダンジュツ ニオケル チョウオンパ ガイドカ シンケイ ブロック ノ 1レイ
タイトル別表記A case of anesthetic management solely with ultrasound-guided nerve block applied to toes’amputation of a morbidly obese patient
作成者福田, 志朗
吉村, 学
坂本, 誠史
鳥海, 岳
作成者ヨミフクダ, シロウ
ヨシムラ, マナブ
サカモト, セイシ
トリウミ, タカシ
作成者別表記Fukuda, Shiro
Yoshimura, Manabu
Sakamoto, Seishi
Toriumi, Takashi
内容記述(抄録等)病的肥満患者における非外傷性足指切断術を,超音波ガイド下神経ブロック単独で行い,術中麻酔管理を安全に行うことができた1症例を経験した.患者は75歳女性でBMI 35.6kg/m2の高度肥満であり,糖尿病による末梢神経障害に起因する右足指壊疽のため,患部の切断術が予定された.高度肥満のため,全身麻酔導入の際の気道確保の困難,さらには機能的残気量の低下による麻酔維持中の人工呼吸管理困難に伴う低酸素血症の発生といった合併症の可能性が高いと判断し,手術開始前に神経ブロックを超音波ガイド下に行い,全身麻酔の施行を避けた.神経ブロック手技の選択は,予め右足指の切断部位を支配する神経領域から坐骨神経ブロックを選択し,なおかつ術中における切断部位の拡大,および右下肢でのターニケットによる駆血施行の可能性をそれぞれ想定し,予防的に大腿神経ブロックを併用した.手術中は患者の希望により,プロポフォールによる軽度鎮静を行い,その鎮静度はカプノグラムによる呼吸回数の確認およびベッドサイドでの患者に対する表情などの観察によって判断した.術中のバイタルサインに大きな変化はなく,患者は苦痛を訴えることなく手術は無事終了した.高齢化が今後ますます進んでゆく現状を考慮し,糖尿病による肥満患者のみならず,全身性血管病変による高度心機能低下を呈する患者や抗血栓・抗凝固療法を施行された患者がますます増加することが予想される.このような全身麻酔施行困難症例や脊髄くも膜下麻酔・硬膜外麻酔といった従来の区域麻酔施行が困難な症例に対して,今回のような末梢神経ブロック法単独施行による術中の麻酔管理が今後ますます必要となってゆくと予想される.この神経ブロックの安全かつ有効な施行の手段として,超音波ガイドによるブロック法は極めて有効であると考えられた.

A 74-year-old female patient with a history of severe diabetes was admitted for amputation of right foot for the diabetic gangrene. We selected ultrasound-guided sciatic and femoral nerve block as the anesthetic management and avoided general anesthesia due to the obesity(body mass index 35.6),which might have accompanied with the difficult airway management and the respiratory complications as atelectasis and hypoxia during the operation. Sciatic nerve block was selected for this case in terms of the anesthetized area which the surgical procedure might have directly invaded. Additionally, femoral nerve block was performed as a treatment against tourniquet pain and additive amputation which were not definitely planned before the operation. During the operation, we used propofol on purpose to slight sedation following the patient’s request with monitoring of capnogram and inspection. There was no significant change of the vital signs and no complaints of the patient during the operation. As the aging population of our country increases, cardiovascular disease and therapy of anticoagulation/platelet would be more common in the patients in operating rooms. The chances, therefore, to introduce solely the technique of nerve blockade would be more frequent in anesthetic management instead of general anesthesia.
本文言語jpn
著者キーワード神経ブロック
超音波ガイド
下肢切断術
病的肥満
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
3
開始ページ213
終了ページ218
発行日2014-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000306
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000306