Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000305.pdf ( 2.0MB ) 公開日 2015-01-07
タイトル先天性脾静脈-左腎静脈シャントによる高アンモニア血症に開腹下シャント閉鎖術を施行した1例
タイトルヨミセンテイセイ ヒ ジョウミャク サジン ジョウミャク シャント ニヨル コウ アンモニア ケッショウ ニ カイフクカ シャント ヘイサジュツ オ シコウシタ 1レイ
タイトル別表記A case of spontaneous splenorenal shunt ligation during open laparotomy for treatment of hyperammonemia
作成者大楽, 耕司
河村, 大智
作成者ヨミダイラク, コウジ
カワムラ, ダイチ
作成者別表記Dairaku, Koji
Kawamura, Daichi
内容記述(抄録等)患者は67歳女性.脳血管性認知症による幻視,記憶障害,意欲低下の治療中に血中アンモニア値の上昇を認めた.腹部造影CT 検査で脾静脈-左腎静脈シャントを認め,シャントによる高アンモニア血症が原因と考えられた.ラクツロース・分岐鎖アミノ酸製剤の内服では改善しないため,開腹下にシャント閉鎖術を施行した.術後の血中アンモニア値は正常化し意欲低下は改善したが,幻視,記憶障害は改善しなかった.頭部MRI検査の再検でCreutzfeldt-Jakob病が疑われた.先天性脾静脈-左腎静脈シャントによる高アンモニア血症に対しては,シャント血管の結紮・切離のみで良好な結果が得られる可能性がある.

Here we report on a 67-year-old woman with a splenorenal shunt. Her serum ammonia level was elevated during the treatment for hallucination, defect of memory and loss of motivation by vascular dementia. Enhanced computed tomography and angiography showed the presence of a splenorenal shunt. We considered that it was caused by hyperammonemia due to a splenorenal shunt. Firstly we chose in internal use of lactulos and branched chain amino acid to treat. However, it was not ineffective. On this account, we surgically ligated the splenorenal shunt during an open laparotomy. The preoperative high level of serum ammonia decreased to the normal range after the operation. Her loss of motivation was improved, but her hallucination and defect of memory were not improved. A Creutzfeldt-Jakob disease was suspected as her diagnosis by head MRI re-examination. Ligation a splenorenal shunt may be possible to give us good clinical course for hyperammonemia.
本文言語jpn
著者キーワード脾腎シャント
高アンモニア血症
シャント閉鎖術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
3
開始ページ207
終了ページ211
発行日2014-08-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000305
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000305