Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000212.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2014-09-29
タイトルリンパ節転移を有していた潰瘍性変化のない径1cm未分化型粘膜内早期胃癌の一例
タイトルヨミリンパセツ テンイ オ ユウシテイタ カイヨウセイ ヘンカ ノ ナイ ケイ 1cm ミブンカ ガタ ネンマクナイ ソウキ イガン ノ イチレイ
タイトル別表記Rare lymph node metastasis from undifferentiated-type early gastric cancer : case of mucosal cancer, without ulcer, and of 1cm
作成者濵田, 頼臣
柳井, 秀雄
中鉢, 龍徳
坂口, 栄樹
林, 秀知
古谷, 卓三
村上, 知之
作成者ヨミハマダ, ヨリオミ
ヤナイ, ヒデオ
チュウバチ, タツノリ
サカグチ, エイキ
ハヤシ, ヒデト
フルヤ, タクミ
ムラカミ, トモユキ
作成者別表記Hamada, Yoriomi
Yanai, Hideo
Cyubachi, Tatsunori
Sakaguchi, Eiki
Hayashi, Hideto
Furuya, Takumi
Murakami, Tomoyuki
内容記述(抄録等) 近年,日本では早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の適応が拡大される傾向にある.『胃癌治療ガイドライン2010』では絶対適応病変だけでなく,リンパ節転移のリスクが限りなく低いものを適応拡大病変としており,適応拡大病変に対して積極的にESDを行う施設も珍しくない.しかし,我々は適応拡大病変の条件を満たしているにも関わらずリンパ転移を有していた症例を経験した.症例は,40歳代女性.検診の経鼻上部消化管内視鏡検査で,胃前庭部に10×5mm大の0Ⅱc病変を認め,生検にてGroup5(sig)と診断された.ESDの適応拡大病変と推定されたが,本人は確実な治療としてリンパ節郭清を伴う外科手術を希望した.切除後の病理結果で,胃の原病変は10mm大,UL(-),M,ly0,v0であり,ESDにおける追加切除の必要のない適応拡大病変としての条件を満たしていたが,#4dリンパ節に転移を認めた.本例をESDで加療した場合には,追加切除の対象とならなかったと考えられ,後日に転移がみつかり予後不良となった可能性がある.適応拡大病変の転移陽性例は非常に稀だが文献報告もあり,患者本人への転移リスクの情報提供が重要と考えられた.

In late years, the adaptation of ESD for the early gastric cancer tends to be spread in Japan. According to Japanese gastric cancer treatment guidelines 2010, the early gastric cancer having a negligible risk of lymph node metastasis except absolute indication is decided as the lesion satisfying the expanded criteria. The Doctors performing ESD for the cancer satisfying the expanded criteria positively are not rare. However, we experienced the case that had lymph node metastasis although satisfying the expanded criteria for ESD.The case is female in 40s. Endoscopic examination revealed a type 0Ⅱc tumor of the 10×5mm size in the antrum of stomach, and diagnosed Group5(sig).It was estimated to be satisfying the expanded criteria for ESD, but the patient hoped to be performed surgery as certain treatment. After surgery, pathological analysis revealed that the gastric cancer had #4d lymph node metastasis although it was 10mm size, UL(-),M, ly0, v0 and satisfied the expanded criteria for ESD. So it is very important thing that we report to patient of the metastasis risk of the cancer satisfying the expanded criteria.
本文言語jpn
著者キーワード早期胃癌
リンパ節転移
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)適応拡大病変
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
2
開始ページ167
終了ページ172
発行日2014-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000212
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000212