Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000209.pdf ( 1.2MB ) 公開日 2014-09-29
タイトル山口大学医学部近郊の各診療科同門診療所を中心とした地域医療実習の試み
タイトルヨミヤマグチ ダイガク イガクブ キンコウ ノ カク シンリョウカ ドウモン シンリョウショ オ チュウシン トシタ チイキ イリョウ ジッシュウ ノ ココロミ
タイトル別表記New trial of community medicine training led by the clinic belonging to the same school of medicine
作成者白澤, 文吾
藤宮, 龍也
松井, 邦彦
福田, 吉治
瀬川, 誠
作成者ヨミシラサワ, ブンゴ
フジミヤ, タツヤ
マツイ, クニヒコ
フクダ, ヨシハル
セガワ, マコト
作成者別表記Shirasawa, Bungo
Fujimiya, Tatsuya
Matsui, Kunihiko
Fukuda, Yoshiharu
Segawa, Makoto
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)将来選択する専門領域に関わらず,プライマリ・ケアや地域医療に一定の理解・能力を有する医師を養成することが必要になってきた.医学科5年生を対象に,山口大学医学部近辺の各診療科同門の診療所を中心にした診療参加型地域医療臨床実習を,今年度より導入した.その実習概略と,実習後の学生アンケートの一部結果を若干の文献的考察と共に報告した.アンケート結果からは,学生にとって総じて満足度の高い地域医療実習となった.また我々が期待した大学病院等では経験できない新しい実習内容を経験した学生も74%に上った.また,学生,診療所指導医,大学のそれぞれの立場からの問題点が挙げられた.これらの問題点を改善しながら,より地域に密着した地域医療の実習体制を確立する必要性があると思われた.

Regardless of a doctor’s choice of specialized domain in the future, it is necessary for us to train them in primary care and community medicine to keep their understanding and ability in this regard constant. Therefore, in the previous trial, we introduced community medicine bedside training led by the relevant clinical department’s medical office belonging to the same school, targeting the neighborhood around Yamaguchi University. Subsequently, we reported the training outline and some results gleaned from the student questionnaire. In this new trial, we included the problems regarding training instructions or the university, encountered by the students based on their specialization. While we have managed to address these problems, it was thought that there was a need to establish an even better community medicine training system.
本文言語jpn
著者キーワード地域医療臨床実習
卒前医学教育
総合診療
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
2
開始ページ147
終了ページ151
発行日2014-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000209
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000209