Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000204.pdf ( 1.3MB ) 公開日 2014-09-29
タイトル日本語版ICDSCの妥当性と信頼性の検証
タイトルヨミニホンゴバン ICDSC ノ ダトウセイ ト シンライセイ ノ ケンショウ
タイトル別表記Validity and reliability of the Japanese version of intensive care delirium screening checklist(ICDSC)
作成者古賀, 雄二
村田, 洋章
山勢, 博彰
作成者ヨミコガ, ユウジ
ムラタ, ヒロアキ
ヤマセ, ヒロアキ
作成者別表記Koga, Yuji
Murata, Hiroaki
Yamase, Hiroaki
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)目的:せん妄はICU患者の入院期間延長や生命予後悪化につながるが,スクリーニングされずに見落とされ,治療されないことも多い.ICDSC(Intensive Care Delirium Screening Checklist)は,ICUでのせん妄評価法として国際的に認められた方法である.本研究は日本語版ICDSCの妥当性・信頼性の検証を目的とする.研究方法:日本の2ヵ所の大学病院ICUで実施された.妥当性評価として,精神科医が評価するDSM-IV-TRをせん妄診断の標準基準として,リサーチナースおよびスタッフナースの日本語版ICDSCのカットオフ値を検討し,感度・特異度を算出した.また,リサーチナースとスタッフナースの日本語版ICDSCの評価を比較し,評価者間信頼性を算出した.結果:評価対象者数は82名であり,DSM-IV-TRでのせん妄有病率は22%であった.興奮・鎮静度はRASS-0.33±2.5であった.DSM-IV-TRに対して日本語版ICDSCのカットオフ値は2点の場合に感度と特異度の和が最大となったが,特異度が高いのはカットオフ値を3点とした場合であった.カットオフ値3点でのリサーチナースとスタッフナースの日本語版ICDSC評価結果は,それぞれ感度が66.7%と72.2%,特異度が78.1%と71.9%であり,評価者間信頼性はκ=0.55であった.結論:日本語版ICDSCは外科系ICU患者において,せん妄診断の標準基準であるDSM-Ⅳ-TRと比較して妥当性と評価者間信頼性を有するせん妄評価ツールであり,記録物からレトロスペクティブにせん妄評価が可能なツールである.高い特異度を確保するという臨床上の理由から,カットオフ値を3点として使用することを推奨する.

Although delirium exacerbates the prognosis of ICU(Intensive Care Unit)patients, there exists no verified ICU delirium evaluation method in Japan. Therefore, we conducted verification of the validity and reliability of the Japanese version of ICDSC(Intensive Care Delirium Screening Checklist)at two ICU facilities in Japan. Using the evaluation of the DMS-IV-TR(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 4th edition, Text Revision)in the psychiatrists’group as the standard criteria for delirium diagnosis, we comparatively evaluated the Japanese version of ICDSC between the research nurses’group and the staff nurses’group. Eighty-two patients were examined and the prevalence of delirium turned out to be 22.0%. We examined the cutoff values of ICDSC and selected three points as the cutoff value for a clinical reason to secure high specificity. In this case, the Japanese version of ICDSC had the sensitivities of 66.7% and 72.2% and the specificities of 78.1% and 71.9% for the DSM-IV-TR, while the inter-rater reliability was estimated by a k-value of 0.55. Thus, the Japanese version of ICDSC proved to be a valid and reliable delirium evaluation tool based on DSM-IV-TR as well as a tool available for the retrospective evaluation of delirium.
本文言語jpn
著者キーワードせん妄
クリティカルケア
集中治療室
妥当性
信頼性
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
2
開始ページ103
終了ページ111
発行日2014-05-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000204
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000204