Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルSonohysterographyが有用であった不妊症例
タイトルヨミSonohysterography ガ ユウヨウデアッタ フニン ショウレイ
タイトル別表記SonohySterography, a Useful Method for Imaging Uterine Abnormalities in Infertile Women
作成者山縣, 芳明
中村, 康彦
河崎, 恵子
田村, 博史
滝口, 修司
樫田, 史郎
杉野, 法広
加藤, 紘
作成者ヨミヤマガタ, ヨシアキ
ナカムラ, ヤスヒコ
カワサキ, ケイコ
タムラ, ヒロシ
タキグチ, シュウジ
カシダ, シロウ
スギノ, ノリヒロ
カトウ, ヒロシ
作成者別表記Yamagata, Yoshiaki
Nakamura, Yasuhiko
Kawasaki, Keiko
Tamura, Hiroshi
Takiguchi, Syuji
Kasida, Shiro
Sugino, Norihiro
Kato, Hiroshi
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Hysterosalpingography, transvaginal sonography, and hysteroscopy have been used to evaluate the uterine abnormalities in infertile women. However, endometrial abnormalities such as endometrial polyp or submucous myoma were not sufficiently detected with these techniques. Recently, transvaginal sonohysterography (SHG), which is the sonographic imaging of the uterus with saline or contrast agents distension, has been reported to be useful for the diagnosis of various uterine abnormalities. We reported here two patients with endometrial polyp and submucous myoma, who were correctly diagnosed by SHG and treated by resectoscopy.
本文言語jpn
著者キーワードSonohysterography
不妊症
子宮粘膜筋腫
子宮内膜ポリープ
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
46
6
開始ページ371
終了ページ377
発行日1997-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030046000605
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030046000605