Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルGain-of-function KCNH2 mutations in patients with Brugada syndrome
作成者Wang, Qi
Ohno, Seiko
Ding, Weiguang
Fukuyama, Megumi
Miyamoto, Akashi
Itoh, Hideki
Makiyama, Takeru
Wu, Jie
Bai, Jiayu
Hasegawa, Kanae
Shinohara, Tetsuji
Takahashi, Naohiko
Shimizu, Akihiko
Matsuura, Hiroshi
Horie, Minoru
作成者ヨミオオノ, セイコ
フクヤマ, メグミ
ミヤモト, アカシ
イトウ, ヒデキ
マキヤマ, タケル
ハセガワ, カナエ
シノハラ, テツジ
タカハシ, ナオヒコ
シミズ, アキヒコ
マツウラ, ヒロシ
ホリエ, ミノル
作成者別表記清水, 昭彦
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
本文言語eng
著者キーワードBrugada syndrome
KCNH2
mutation
patch-clamp
ventricular tachycardia
資料タイプtext
出版者Wiley
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN1540-8167
掲載誌名Journal of cardiovascular electrophysiology
25
5
開始ページ522
終了ページ530
発行日2014-05
PubMed IDinfo:pmid/24400717
DOIinfo:doi/10.1111/jce.12361
著者版/出版社版その他
リポジトリID2014010276
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2014010276