Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトル最近数ヵ年間の甲状腺シンチグラフィーとその臨床的意義について
タイトルヨミサイキン スウカネン ノ コウジョウセン シンチグラフィート ソノ リンショウ テキ イギ ニ ツイテ
タイトル別表記On the Thyroid Scintigraphy and the Clinical Evaluation during Recent Several Years
作成者中西, 敬
小林, 光昭
横山, 敬
中田, 太志
田中, 陸雄
橋本, 紘行
楠元, 志都生
野井, 憲治
根木, みゆき
松本, 常男
作成者ヨミナカニシ, タカシ
コバヤシ, ミツアキ
ヨコヤマ, タカシ
ナカダ, タイシ
タナカ, リクオ
ハシモト, ヒロユキ
クスモト, シズオ
ノイ, ケンジ
ネキ, ミユキ
マツモト, ツネオ
作成者別表記Nakanishi, Takashi
Kobayashi, Mitsuaki
Yokoyama, Takashi
Nakada, Taishi
Tanaka, Rikuo
Hashimoto, Hiroyuki
Kusumoto, Shizuo
Noi, Kenji
Neki, Miyuki
Matsumoto, Tsuneo
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)Thyroid scintigraphy and the clinical evaluation during recent several years in department of radiology, Yamaguchi University Hospital were discussed : The transition of radionuclides, the comparison with scintigraphic finding and pathological patterns of patients, and the use of various radionuclides were studied. In thyroid scintigraphy, scanning with single radionuclide is very difficult to achieve the accurate diagnosis. The adequate combination of various radionuclide is preferable for the determination of diagnosis. The result of study suggest us that the adequate combination of various nuclide (NA^131I ^<99m>TcO_4 and ^<201>Tl-chloride) is preferable for the determination of diagnosis. Medical literature were discussed.
本文言語jpn
主題医学
資料タイプtext
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
28
3-4
開始ページ305
終了ページ316
発行日1979-12
著者版/出版社版その他
リポジトリIDB030028000307
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030028000307