Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLD500011000007.pdf ( 2.1MB ) 公開日 2015-05-29
タイトルコーパスを利用した実現相の機能動詞の異同について : 「至る」「達する」と名詞の共起状況を手掛かりに
タイトルヨミコーパス オ リヨウシタ ジツゲンソウ ノ キノウドウシ ノ イドウ ニ ツイテ : イタル タッスル ト メイシ ノ キョウキ ジョウキョウ オ テガカリ ニ
タイトル別表記Differences of some function verbs regarding the aspect of fulfillment based on the corpus : focusing on the co-occurrence of nouns with "Itaru" and "Tassuru"
作成者中溝, 朋子
坂井, 美恵子
金森, 由美
作成者ヨミナカミゾ, トモコ
サカイ, ミエコ
カナモリ, ユミ
作成者別表記Nakamizo, Tomoko
Sakai, Mieko
Kanamori,Yumi
作成者所属山口大学大学教育機構
内容記述(抄録等)本稿では、村木(1991)の機能動詞の実現相の中から「至る」と「達する」を取り上げ、コーパスにおける名刺との共起状況を手掛かりに異同を検討する。結果としてこれらは実質動詞として「目的地・場所に行きつく」という意味は共通しているが、「至る」はよりその経過や過程に、「達する」はより達すること、達した状態に着目がある点に違いがあり、そこからそれぞれの機能的意味が生まれるという結果を得た。
本文言語jpn
著者キーワードコーパス
機能動詞
コロケーション
共起
実現相
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学大学教育機構
出版者ヨミヤマグチ ダイガク ダイガク キョウイク キコウ
NII資料タイプ紀要論文
ISSN1349-4163
NCIDAA12007217
学内刊行物(紀要等)大学教育
掲載誌名大学教育
掲載誌名別表記Journal of higher education
11
開始ページ67
終了ページ75
発行日2014-03
関連情報URL(IsPartOf)http://www.oue.yamaguchi-u.ac.jp/publication.html
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDD500011000007
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/D500011000007