Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000109.pdf ( 4.6MB ) 公開日 2014-05-26
タイトル臨床的に肝原発が示唆された神経内分泌癌の一例
タイトルヨミリンショウテキ ニ カン ゲンパツ ガ シサ サレタ シンケイ ナイブンピツ ガン ノ イチレイ
タイトル別表記A case of primary hepatic neuroendocrine carcinoma clinically suggested
作成者河郷, 亮
白築, 祥吾
岩本, 拓也
佐伯, 一成
浦田, 洋平
日高, 勲
石川, 剛
高見, 太郎
内田, 耕一
寺井, 崇二
山﨑, 隆弘
坂井田, 功
作成者ヨミカワサト, リョウ
シラツキ, ショウゴ
イワモト, タクヤ
サエキ, イッセイ
ウラタ, ヨウヘイ
ヒダカ, イサオ
イシカワ, ツヨシ
タカミ, タロウ
ウチダ, コウイチ
テライ, シュウジ
ヤマサキ, タカヒロ
サカイダ, イサオ
作成者別表記Kawasato, Ryo
Shiratsuki, Shogo
Iwamoto, Takuya
Saeki, Issei
Urata, Yohei
Hidaka, Isao
Ishikawa, Tsuyoshi
Takami, Taro
Uchida, Koichi
Terai, Shuji
Yamasaki, Takahiro
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
内容記述(抄録等)症例は80歳代男性.左外耳道癌(扁平上皮癌)の精査目的で施行された陽電子放射断層撮影・コンピュータ断層撮影にて肝腫瘍を指摘され,精査加療目的で当科に紹介となった.慢性肝障害を伴わない径20mm大の単発性多血性肝腫瘍であり,血液検査及び画像検査所見からは診断に至らなかったため,経皮的肝腫瘍生検が施行された.免疫組織化学的にChromogranin A・Synaptophysin・CD56はいずれも陽性で,Ki-67 indexが70%であったため,神経内分泌癌(小細胞癌)と確定診断された.同病変に対して肝動脈化学塞栓療法(transcatheter arterial chemoembolization;TACE)が施行されたが,その4ヵ月後に超音波内視鏡下吸引穿刺生検にて膵頭部周囲リンパ節転移と診断され,その後は対症療法で経過観察された.TACE後14ヵ月で死亡し,剖検を行ったものの原発巣は同定し得ず,臨床経過より肝原発神経内分泌癌の可能性が高いと考えられた.

A hepatic tumor was incidentally detected in an 80-year-old man who was undergoing examination for suspected squamous cell carcinoma of the left external auditory canal with positron emission tomography-computed tomography. Subsequently, the patient was referred to our department for further examination and treatment. The identified hepatic tumor was a 20-mm wide, hypervascular, solitary mass, and no associated chronic liver disorders were observed. Blood tests and imaging studies could not yield an appropriate diagnosis, and therefore, a percutaneous hepatic tumor biopsy was performed. On immunohistochemical staining, positive results were obtained for chromogranin A, synaptophysin, and cluster of differenti-ation 56(CD56),whereas the Ki-67 index was 70%, leading to a definite diagnosis of neuroendocrine carcinoma(small cell carcinoma).Thus, the patient underwent transcatheter arterial chemoembolization(TACE);however, after 4 months, endoscopic ultrasoundfine needle aspiration biopsy confirmed metastasis to the lymph nodes on the anterior surface of the pancreatic head. The patient underwent symptomatic treatment and was kept under observation;however, he died 14 months after TACE. The primary lesion could not be determined even during autopsy. From the clinical course, we believe that it was highly likely that the patient had a primary hepatic neuroendocrine carcinoma.
本文言語jpn
著者キーワード多血性肝腫瘍
神経内分泌腫瘍
肝原発神経内分泌癌
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
1
開始ページ53
終了ページ60
発行日2014-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000109
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000109