Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030063000107.pdf ( 2.9MB ) 公開日 2014-05-26
タイトル皮膚浸潤をきたした乳腺腺様嚢胞癌の1例
タイトルヨミヒフ シンジュン オ キタシタ ニュウセン センヨウ ノウホウガン ノ 1レイ
タイトル別表記A case of adenoid cystic carcinoma of the breast with the invasion to the skin
作成者原田, 剛佑
折田, 雅彦
林, 雅規
平田, 健
守田, 信義
星井, 嘉信
濱野, 公一
作成者ヨミハラダ, タカスケ
オリタ, マサヒコ
ハヤシ, マサノリ
ヒラタ, ケン
モリタ, ノブヨシ
ホシイ, ヨシノブ
ハマノ, キミカズ
作成者別表記Harada, Takasuke
Orita, Masahiko
Hayashi, Masanori
Hirata, Ken
Morita, Nobuyoshi
Hoshii, Yoshinobu
Hamano, Kimikazu
作成者所属山口大学大学院医学系研究科(医学)
山口大学医学部附属病院
内容記述(抄録等)乳腺腺様嚢胞癌は乳癌全体の約0.1%と稀であり,リンパ節転移や遠隔転移は非常に少なく,予後は局所治療のみで良好である.今回,皮膚浸潤を伴う局所進展が高度な乳腺腺様嚢胞癌の1例を経験したので報告する.症例は58歳,女性.左乳房C領域に圧痛を伴う7×5cmの腫瘤を触知して当院を受診した.皮膚の発赤を認め,腫瘍は皮膚に固定されていた.マンモグラフィでカテゴリー4,超音波検査では辺縁不整,境界不明瞭,内部エコー不均一な腫瘤を認めた.針生検を行い,腺様嚢胞癌が疑われた.胸筋温存乳房切除術,LevelⅠ腋窩リンパ節郭清を行った.ホルモン受容体はER(-),PgR(-),HER2(-)であり,リンパ節転移は認めなかった.術後は補助療法を行わず経過観察のみを行い,7年経過したが,再発・転移は認めていない.本疾患は局所進展の程度に関わらず,局所治療が適切に行われれば良好な予後が期待できると考えられた.

Adenoid cystic carcinoma(ACC)is a rare type of breast cancer that represents about 0.1% of all breast cancers, and considered as a good prognostic disease with rare instances of local recurrence or distant metastasis. We report a rare case of adenoid cystic carcinoma of the breast with the widely growth and the invasion to the skin. A 58-year-old woman visited our hospital because of a palpable tumor about 7cm in diameter with tenderness and skin redness in the C area of the left breast. A mammogram showed a lobulated mass with unclear border and resulted in category 4. An ultrasonogram showed a low-echoic tumor with partially unclear border and heterogeneous inner part. With core-needle biopsy, we suspected the histologic type of this tumor was ACC. Modified mastectomy with levelⅠaxillary lymph node dissection was performed. There was no lymph node metastasis or distant metastasis. Estrogen and progesterone receptors were negative, and no HER-2 expression in this tumor. She has been free from recurrence for 7 years after the operation. Thus we consider that once a complete excision of the local lesion is carried out, the prognosis is good, regardless of the progression or the invasion.
本文言語jpn
著者キーワード乳癌
腺様嚢胞癌
皮膚浸潤
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
63
1
開始ページ43
終了ページ47
発行日2014-02-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030063000107
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030063000107