Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000409.pdf ( 2.4MB ) 公開日 2014-03-26
タイトルSegmental arterial mediolysis(SAM)による腹腔内出血を来たした1例
タイトルヨミSegmental Arterial Mediolysis(SAM) ニ ヨル コウクウナイ シュッケツ オ キタシタ 1レイ
タイトル別表記A case of the intraabdominal hemorrhage due to Segmental Aaterial mediolysis(SAM)
作成者野口, 哲央
花園, 忠相
森, 健治
沖田, 幸祐
坂井田, 功
作成者ヨミノグチ, ノリオ
ハナゾノ, タダスケ
モリ, ケンジ
オキタ, コウスケ
サカイダ, イサオ
作成者別表記Noguchi, Norio
Hanazono, Tadasuke
Mori, Kenji
Okita, Kousuke
Sakaida, Isao
作成者所属山口大学医学部
内容記述(抄録等)症例は65歳の女性で,下腹部痛を主訴に受診し,腹部CTで内臓動脈瘤破裂による腹腔内出血と診断された.血管造影検査では広範囲にわたって血管径の不整や動脈瘤が認められ,回結腸動脈瘤が出血源と考えられた.動脈塞栓術にて症状は改善した.血管造影所見から分節性動脈中膜融解,segmental arterial mediolysis(以下,SAM)と診断された.TAE後1年10ヵ月のCTでは,未治療の動脈瘤と血管狭窄は消失していた.SAMは比較的稀な疾患であり,長期予後の報告もないため自然予後を理解する上で興味ある症例と思われたので,報告する.

A 65-year-old woman admitted for lower abdominal pain and hypotension. A ruptured abdominal visceral aneurysm with intraabdominal hemorrhage was shown on abdominal computed tomography(CT). Wide-ranging irregularity in vascular diameter and aneurysm was shown on angiography, suggesting a rupture of an aneurysm of the cecal-colic artery. Hemostasis was achieved by transcatheter arterial embolization(TAE)with microcoils. These findings are attributed to segmental arterial mediolysis(SAM)in this case. The multiple untreated aneurysm and narrowing had almost disappeared on CT 1 year and 10 after the TAE. The natural history of a relatively rare SAM treated by TAE was interesting and valuable in this case.
本文言語jpn
著者キーワード分節性動脈中膜融解
segmental arterial mediolysis(SAM)
腹腔内出血
腹部内臓動脈瘤
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
4
開始ページ241
終了ページ246
発行日2013-11-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000409
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000409