Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000408.pdf ( 1.8MB ) 公開日 2014-03-26
タイトル十二指腸転移を来したラブドイド形質を伴う大細胞肺癌の1例
タイトルヨミジュウニシチョウ テンイ オ キタシタ ラブドイド ケイシツ オ トモナウ ダイサイボウハイガン ノ 1レイ
タイトル別表記A case of large cell lung carcinoma with rhabdoid phenotype metastasized solitarily to the duodenum.
作成者小林, 成紀
林, 雅太郎
上田, 和弘
濱野, 公一
作成者ヨミコバヤシ, セイキ
ハヤシ, マサタロウ
ウエダ, カズヒロ
ハマノ, キミカズ
作成者別表記Kobayashi, Seiki
Hayashi, Masataro
Ueda, Kazuhiro
Hamano, Kimikazu
作成者所属山口大学大学院医学系研究科
内容記述(抄録等)症例は40歳代の男性で,検診の胸部X線写真にて肺野の異常陰影を指摘された.原発性肺癌の疑いで右上葉切除術が行われ,pT2aN0M0と診断された.原発巣には大細胞癌と腺癌が同程度に混在し,一部にラブドイド形質が認められた.補助化学療法施行にも関わらず,術後7ヵ月目に腹痛を契機に十二指腸転移を指摘された.化学療法と膵頭十二指腸切除術が行われたが状態は改善せず,初回術後11ヵ月目に永眠された.再発巣は,ほとんどがラブドイド形質を伴う大細胞癌で占められていた.本腫瘍は治療抵抗性で,予後が不良である.完全切除後であっても厳重な経過観察が必要であると同時に,本腫瘍に対する標準的治療法の確立が望まれる.

We report a case of non-small cell lung cancer with rhabdoid phenotype that was completely resected by right upper lobectomy and lymphadenectomy. Pathological examination revealed that the tumor was mainly consisted of adenocarcinoma and large cell carcinoma, combined, with scanty of rhabdoid phenotype. Regardless of postoperative chemotherapy, the patient developed duodenal metastasis 7 month postoperatively. According to the pathological examination of resected metastatic lesion, most of the tumor cells represented rhabdoid phenotype. Unfortunately, the patients died of the subsequent liver metastasis 11 month after initial operation. A close follow-up is needed for such non-small cell lung cancer with variety of pathological phenotype.
本文言語jpn
著者キーワードラブドイド形質
大細胞肺癌
十二指腸転移
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
4
開始ページ235
終了ページ239
発行日2013-11-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000408
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000408