Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLB030062000406.pdf ( 2.9MB ) 公開日 2014-03-26
タイトル上行結腸癌と右腎癌の同時性重複癌に対して一期的に腹腔鏡下手術を施行した1例
タイトルヨミジョウコウ ケッチョウガン ト ミギ ジンガン ノ ドウジセイ チョウフクガン ニ タイシテ イッキテキ ニ フククウキョウカ シュジュツ オ シコウシタ 1レイ
タイトル別表記A case report of combined laparoscopic right nephlectomy and right hemicolectomy for synchronous renal and colon cancer.
作成者久保, 秀文
中須賀, 千代
多田, 耕輔
宮原, 誠
長谷川, 博康
矢野, 誠司
作成者ヨミクボ, ヒデフミ
ナカスガ, チヨ
タダ, コウスケ
ミヤハラ, マコト
ハセガワ, ヒロヤス
ヤノ, セイジ
作成者別表記Kubo, Hidefumi
Nakasuga, Chiyo
Tada, Kousuke
Miyahara, Makoto
Hasegawa, Hiroyasu
Yano, Seiji
内容記述(抄録等)患者は81歳,男性.便潜血陽性を主訴に来院した.上行結腸に2型腫瘍を認め,術前スクリーニングとして施行したCTで右腎に約2cmの腫瘍も指摘された.腎癌・上行結腸癌の重複と診断し,一期的に腹腔鏡下で右腎摘出と右半結腸切除を施行した.腎と結腸を各々専門手術チームが担当することにより安全にストレスなく手術を施行できた.手術時間は4時間12分,出血量は30cc以下であった.また術後合併症も認めず,第7病日目に軽快退院した.

A 81-year-old man was reffered to our hospital with complaint of hematostool. The colonoscopy revealed a tumor of type 2 in the ascending colon. The patient underwent screening abdominal CT and demonstrated a mass 2 cm in diameter in the right kidney. We simultaneously performed retoroperitoneoscopic radical right nephrectomy and right hemicolectomy. The operation was performed by each different professional team for renal and colon cancer. Total operation time was 252 minutes and estimated blood loss was within 50cc. The surgery was safe and smooth and there were no remarkable complications due to the collaboration.
本文言語jpn
著者キーワード結腸癌
腎癌
重複癌
腹腔鏡下手術
主題医学
資料タイプtext
ファイル形式application/pdf
出版者山口大学医学会
出版者ヨミヤマグチ ダイガク イガッカイ
NII資料タイプ学術雑誌論文
査読の有無査読あり
ISSN0513-1731
NCIDAN00243156
学内刊行物(紀要等)山口医学
掲載誌名山口医学
62
4
開始ページ223
終了ページ228
発行日2013-11-01
著者版/出版社版出版社版
リポジトリIDB030062000406
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/B030062000406