Japanese | English

トップページへ戻る

詳細

   
フルテキストURLフルテキストリンクなし
タイトルPrevalence and epidemiological relationship of CMY-2 AmpC β-lactamase and CTX-M extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli isolates from broiler farms in Japan
作成者Kameyama, Mitsuhiro
Chuma, Takehisa
Yabata, Junko
Tominaga, Kiyoshi
Iwata, Hiroyuki
Okamoto, Karoku
作成者ヨミイワタ, ヒロユキ
作成者別表記岩田, 祐之
作成者所属山口大学共同獣医学部
本文言語eng
著者キーワードAmpC β-lactamase
broiler
CMY-2
ESBL
Escherichia coli
資料タイプtext
出版者Japanese Society of Veterinary Science
NII資料タイプ学術雑誌論文
ISSN0916-7250
NCIDAA10796138
掲載誌名Journal of Veterinary Medical Science
75
8
開始ページ1009
終了ページ1015
発行日2013
PubMed IDinfo:pmid/23503164
DOIinfo:doi/10.1292/jvms.12-0453
関連情報URL(IsVersionOf)http://ci.nii.ac.jp/naid/130003362165
関連情報URL(IsPartOf)https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jvms
リポジトリID2013010453
地域区分山口大学
URIhttp://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yunoca/handle/2013010453